FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【女医の力番外編】学校の先生のチカラ5 追憶の永遠化 →女医の力~その10 世界の崩壊
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【女医の力番外編】学校の先生のチカラ5 追憶の永遠化]へ
  • [女医の力~その10 世界の崩壊]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

おとめのエッセイ

【女医の力番外編】学校の先生のチカラ6 永遠は繭の中に

 ←【女医の力番外編】学校の先生のチカラ5 追憶の永遠化 →女医の力~その10 世界の崩壊
高校教師 DVD BOX/TBS
「ね、ちょっとその時計見せて」

「ん…?これ別に普通のだよ」

「そう?珍しいんじゃないの?」

「どこにでも売ってるさ」

 羽村先生は時計を外して繭に渡す。

「いくらしたの?」

「さあ、学生の頃買ったからなあ」

 羽村先生がそう言い終わると同時に、繭は海に向かって腕時計を大きく弧を描くように放り投げた。

「な!」

 そう言った時に時計はもう闇の中に消えていた。

「何をするんだよ」

 それなりに思い出のある時計だ。羽村先生は怒りを禁じ得ない。

「だって…ずっと時計ばかり気にしてるんだもん」

 繭は泣き出していた。

「帰りばかり気にしてるんだもん」





 羽村先生の持っているのはどこにでも売っている普通のアナログ時計だ。


 アナログ時計は「時間」というものの不思議さをよく表している。例えば鎌倉を出て帰らなくちゃいけない時間が夕方の五時だとする。繭にとっては、そしておそらくは、いや確実に羽村先生にとっても、その五時はデジタル時計のようにある一点としては認識されていない。

 帰らなくてはいけない時間まで"あと"どれくらいあるのか、繭を家に返さないといけない時間"まで"あとどれくらいあるのか、さっき確認したばかりの時は、いま"どれくらい"たってしまったのか。そして二人でいられる時間はどれだけ残されているのか…。

 だから、教師という立場のある羽村先生にとってはリミットまであとどれだけなのかが気になるし、繭ちゃんからするとそんな羽村先生の態度は、この世界を終わらせる死刑執行人のような態度に見えてしまったに違いない。

 怒って一人で先に歩き出した羽村先生。しかし帰るに帰れず駅舎で待つ。駅の時計は11時をまわった。そこに繭が、放り投げた時に壊れて動かなくなった羽村先生の時計を持って現れる。その時間まで必死に探していたのだった。




 壊れた時計とともに時は止まった。

 終電はもうない。

 二人は小さな民宿に泊まることになる…

 針の止まった時計のように、二人の間に擬似的に永遠化された時間が決定的に始まる夜だ。

 





 前回の記事で『高校教師』は「ありえたかもしれない未来を、そうとしか成し得なかった過去を追憶することで現実から切り離して永遠化する」ドラマだと書いた。

 でも、それは繭の中から世界に出て他者と出会う永遠ではないのかもしれない。たしかに二人は二人の世界で、そうでしかありえなかった永遠に向かって逃避する。まるで生まれて来る前の世界に、繭の中に閉じこもるように。追憶は繭の中の誕生以前の世界、生と死が溶け合った世界の中でのみ成就する。


「僕は今、本当の自分がなんなのか分かったような気がする。いや、僕だけじゃなくて人はみな……恐怖も、怒りも悲しみもない、まして名誉や地位やすべての有形無形のものへの執着もない、ただそこにたった一人からの、永遠に愛し、愛されることの息吹を感じていたい。そう、ただそれだけの…無邪気な子供にすぎなかったんだけど……」


 繭から出てひとたび世界に触れてしまったら、人はやがて大人にならざるを得ない。人との、世界との距離は大人になることの証であり代償だ。

 しかし大人でいること、絶対に崩れない距離感持ち続けることは、果たしていつでも褒められる行為なのだろうか。

 羽村先生と繭ちゃんはいっそ出会わなかった方がよかったのだろうか。





 分からない。むずかしい…。


 そろそろ脱線から戻って、五堂春妃先生にその答えを聞いてみるとする。


 脱線編おしまい(o^—^)ノ






スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【女医の力番外編】学校の先生のチカラ5 追憶の永遠化]へ
  • [女医の力~その10 世界の崩壊]へ
 

~ Comment ~

1. 脱線編 最高! 

『高校教師』
当時、何だか辛気臭いドラマやってんなあ…、
と思っていましたが
ゆっきーさんの紹介が絶妙で
見たくなりました。

ただいま休職中なので
全巻借りてくるか!

ちょ~はまりそう。

2. Re:脱線編 最高! 

>のん(千葉)さん

わーい(o^—^)ノ
しんきくさくはないです~。
脚本とキャスティングと音楽が三位一体!

のんさんは絶対好きになりますよ~(^-^)

でも自分でも禁断の恋を探すかどうかは、よく考えてね(爆)。

3. 距離感 

>しかし大人でいること、絶対に崩れない距離感持ち続けることは、果たしていつでも褒められる行為なのだろうか。

そーねーそーねー。
礼節を保つってことが美徳であるのはよくよく承知しているのですがねぇ。

アタシはこれっ!って出会いがあると、距離感をスグにブッ壊したくなる、ロックなたまし―があるからなぁ。←いや単純おバカと言い換え可。

ゆっきーさんは如何ですか?

脱線編おしまいですか。
い~いトコで踵を返しちゃって、ニクイですね。

4. 休職中 

>ゆっきーさん

『高校教師』って、桜井幸子が出てるやつですよね?
ちょ~ファン(でもないけど)、ちょ~タイプです。

休職中の我が身に、禁断の恋など…(;_;)

5. Re:距離感 

>したきりすずめさん

こんにちは~(o^—^)ノ

>>ゆっきーさんは如何ですか?

って、そろそろ自分のことを語りそうになってきたので、そうならないうちにこの辺でスパッと撤収したの(笑)。

6. Re:休職中 

>のん(千葉)さん

桜井幸子さんのが、わたしがここで書いたものです。
『時をかける少女』みたいにいろんなバージョンが出るといいなと思いつつ、私はまだこれしか手を出してません(ノv`*)。

違う役者さんので二つありますので、桜井幸子さんを期待する場合はご注意を!

7. Joy!!Joy!!Joy!! 

女医はどうした~(喝)

男性教師はもいいよ(´・ω・`)ショボーン
(酔っぱらい参上)

あっ次から出てくるのね春紀たん
(↑よく読めだね)

8. Re:Joy!!Joy!!Joy!! 

>深川歌仙さん

あれ?
居酒屋からかしら(笑)。

9. うんうん 

今、たくさんの人の、「ありえたかもしれない未来」を私は奪おうとしているのかもしれない。

私が書いているブログの事態が公になれば、たくさんの人が失職する可能性があります。

もちろん、そこには「そうとしか成し得なかった過去を追憶することで、現実から切り離して永遠化」するドラマなど、どこにもないほど、むき出しの打算しか起きないかもしれません。

そこから「僕は今・・・・」の台詞のような境地に到達する人はわずかかもしれませんが、苦悩の果てに一人や二人はいるかもしれません・・・・

そう、ただの無邪気な子どもが遊ぶように、国家権力やマスコミの欺瞞を見破り、逃げましたが、
はやりこの共同体からは、追放の刑に処されるのでしょう。

ゆっきーさん、君は若いけど、洞察力があって、素敵な女の子だと思います。

僕は、今、本当に危険なことをしています。

じっと見ていてください・・・・・ゆっきー。

10. はじめまして。 

『高校教師』は観たことないのですが、面白そうですね。

他者との距離や境界線って難しいテーマですね。無条件でわかりあえるって、赤ん坊のような状態でしか不可能なのかなぁとも思ったりします。

記事読んでるとドラマ観てみたくなりました。

11. Re:うんうん 

>牛山馬男さん

よく分かりませんが…。
疲れたらまたこのブログに遊びにどうぞ。

12. Re:はじめまして。 

>星乃直樹さん

はじめまして
コメントありがとうございます。

赤ん坊の時のことをもしかしたら覚えていて求めちゃってるんでしょうか…。

もしドラマご覧になったらまたお話したいです!
(o^—^)ノ

13. 時間差による現実の相対化? 

こんにちは! しばらくご無沙汰しました。
でも、ゆっきー女史のブログはちゃんと読ませて頂いてます。
「ありえたかもしれない未来を、そうとしか成し得なかった過去を追憶することで現実から切り離して永遠化する」
この言葉!めのおにはズッキ~ンです。
過去、現在、未来の関係がこの通りではないんですが、めのおが今、考えてて、漠然と頭にあるもの、この言葉と似た構造なんです。
惜しいかな、めのおは頭の回転がスローなので、形を取るまでに時間がかかりそう。でも、小説の技法、そして世界思想の上で、ものすごく重要な言葉だな。さすがは哲学が基礎にあるゆっきーだと感服したんです。

14. Re:時間差による現実の相対化? 

>あがためのおさん

おはようございます!
昔から小説の方でもそうなんですが、反応して欲しい言葉にいつも反応してくれたのがめのおさんでした(というこの表明も何度かコメ返しで書いてたかな)。
(o^—^)ノ

次回はこの視点を「アキレスと亀」に敷衍します。

またよろしくお願いしま~す。

15. なるほどねぇ 

「繭」ね。壊れた時計。虚構の時が止まった永遠。虚構なんだが,そこに逃避する人間の苦しみ。

「二人の間に擬似的に永遠化された時間」が「決定的に始まる」という矛盾表現。おお,素敵すぎ。

前の記事で,エロースとアガペーを指摘された方がいましたね。

私は,太宰治の『人間失格』なんか持ち出してた。

プラトン的イデアの世界について,釈迦は沈黙を通した。そういう形而上のことを語るのは,現在を生きる人間の苦しみを扱う上で無意味と釈迦は考えたから。

そして私は求不得苦の意味を思います。

本質的孤独の中で投げ出されて生きる私。
原始的な,母子一体に回帰したい願いは,求不得苦そのものではないかしら。

スレてオヤジになると,愛,恋のイメージもスレちゃってね。
「ありのまま」を見ることが叶わず,それぞれに「独自世界」を作って生きる至らぬ凡夫同士で,それぞれの苦悩を背負って生きる者同士。その関係から生まれるものだろうなぁって思うんだが。

プラトン的エロースとか母子一体とか自他融合の世界とか・・・・他者をコワイと言いつつ,自他区別がない中でのずるずるべったりをやりつづけ,自己嫌悪で自分を赦し続ける『人間失格』的世界か(笑)。

あり得ないものはあり得ないものとして,「ありのまま」に見る・・・・
本当にあり得ないのが「ありのまま」なのか・・・・という問いは残る。
人は誰も仏陀じゃないから,「ありのまま」は見えないもの。

いやあ,すっげ面白い記事。ゆっきーさん,素敵すぎるわ。

16. Re:なるほどねぇ 

>弁護士 下中晃治さん

いえいえ、こちらこそいつも素敵なコメントありがとうございます。

>>あり得ないものはあり得ないものとして,「ありのまま」に見る・・・・
本当にあり得ないのが「ありのまま」なのか・・・・という問いは残る。
人は誰も仏陀じゃないから,「ありのまま」は見えないもの。
>>

きっとこの文章には
「にもかかわらず」
という言葉が続くのでしょうね…。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [【女医の力番外編】学校の先生のチカラ5 追憶の永遠化]へ
  • [女医の力~その10 世界の崩壊]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。