スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←カンジャのチカラ2 「セカイ」の多重化の様相 →カンジャのチカラ4 新自由主義の理念とバトルロワイアル的動員ゲーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [カンジャのチカラ2 「セカイ」の多重化の様相]へ
  • [カンジャのチカラ4 新自由主義の理念とバトルロワイアル的動員ゲーム]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

おとめのエッセイ

カンジャのチカラ3 サイバースペースの正体とエヴァンゲリオン的島宇宙

 ←カンジャのチカラ2 「セカイ」の多重化の様相 →カンジャのチカラ4 新自由主義の理念とバトルロワイアル的動員ゲーム
ゼロ年代の想像力 (ハヤカワ文庫 JA ウ 3-1)/早川書房
 インターネットはどうだろうか。その普及で人々は自由になったが、その一方でウェブという空間は、「小さな物語」たちのコミュニケーションによって発生した怨嗟と憎悪に満ちた動員ゲーム=バトルロワイアルの現場として機能している。

 私たちは確かに自由を手に入れた。同じ価値観を有し、同じ小さな物語を生きる人々を検索し、その島宇宙の中で信じたいものを信じて快適に生きて行くことが可能のように思える。






 この文章の【エヴァ的】なところは「島宇宙の中で信じたいものを信じて快適に生きて行く」というところだろう。碇シンジ君は必ずしも快適じゃなさそうだけど、島宇宙に閉じこもりたいという願望と苦悩の心象風景は実際のエヴァンゲリオンでいうとこんなシーンだろうか。



==================================


シンジ「現実って何だ?」

レイ「あなたの世界よ」

マコト「時間と空間と他人とともにある、君自身の世界のことさ」

シゲル「君がどう受け止め、どう認めるかは、君自身が決める世界だ」

マヤ「今はただ与えられるだけの、あなたの世界なのよ」

ミサト「どうしようもない、あなたの世界よ」

シンジ「もうすべて決まりきっている世界だろう?」

リツコ「違うわ。あなたが決めている世界なのよ」

冬月「君の心が、そうだ、と決めている世界なのだ」

レイ「生きようとする意志も」

アスカ「死にたいと思う心も、あなた自身が望むことなのよ」

シンジ「この暗闇も、この半端な世界も、すべて僕が望んだというのか?」

レイ「そうよ」

加持「閉鎖された自分一人が心地いい世界を君は望んだ」

マコト「自分の、弱い心を護るために」

シゲル「自分の、快楽を護るために」

マヤ 「これは、その結果に過ぎないわ」

ミサト「閉塞された空間では、あなた一人の世界では、人は生きて行けないもの」

アスカ「でもあなたは、世界の、自分を取り巻く世界の閉塞を願った」

リツコ「嫌いなものを排除し、より孤独な世界を願った、あなた自身の心」

レイ「それが、導き出された小さな心の安らぎの世界」

アスカ「このカタチも、終局の中の一つ」

ミサト「あなた自身が導いた、この世の終わりなのよ」


新世紀エヴァンゲリオン 第弐拾伍話 「終わる世界」







 冒頭引用した『ゼロ年代の想像力』にはこんな文章が続いている。

「だが、インターネットは検索して、棲み分ける道具であると同時に、世界をつなぐ道具でもある。本来なら出会わなかったかもしれない小さな物語たちが、ウェブという同じ空間で並べられることで接してしまう」


 これは碇シンジが今苦悩している世界とそっくりに見える。



 エヴァに乗ることによって、本来なら出会わなかったかもしれない人たちと自分の島宇宙が重なる。多重化するなかでのリアルをつかもうとする苦悩はサイバースペースの宿命と同一なのだ。


スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [カンジャのチカラ2 「セカイ」の多重化の様相]へ
  • [カンジャのチカラ4 新自由主義の理念とバトルロワイアル的動員ゲーム]へ
 

~ Comment ~

1. ジオン・ダイクン 

ハンナ・アーレントの『人間の条件』の
プロローグでこんなことが書いてある。

「地球に縛りつけられている人間がようやく地球を脱出する一歩」という信念であった。
しかしこの奇妙な発言は、あるアメリカの報告者がうっかりすべらせたというものではなく、二十年以上も前にロシアのある大科学者の墓碑銘に刻まれた異常な言葉と期せずして呼応していたのである。
そこにはこう書かれてあった。
「人類は永遠に地球に拘束されたままではいないであろう」

それに対してアーレントはこう言う。

なるほどキリスト教徒はこの地上を涙の谷間といい、哲学者は人間の肉体を精神や魂の囚人として眺めてきたけれども、人間の歴史の中でいまだかつて、人々が本気になって、地球は人間の肉体にとって牢獄であると考え、文字通り地球から月に行きたいとこれほど熱中したことはなかったからである。
近代の解放と世俗化は、必ずしもキリストの神に背を向けることによって始まったのではなく、むしろ天国の父なる神から離れることによって始まった。
このような近代の解放と世俗化が、今度は、空の下の万物の母である地球からもっと決定的に離れることによって終わろうとしてるとしているのであろうか?

これに対してジオン・ダイクンは「イエス」と言った。なぜなら重力から解放された人類は「ニュータイプ」なり、より分かり合えるからようになるから。
(最もミノフスキー粒子の存在が前提ですが)

しかしより分かり合えるとなった結果、ララアというトラウマを抱えることになったシャアとアムロは結局当事者を強制されて、戦うことしかできない。

「ニュータイプ」をサイバースペースをより先鋭化したと仮定しての話ですが、

そもそも自己と他者の境界が曖昧になることは
有機的存在として免疫系が必然的に作用すると思うけど。

シンジの苦悩はそんなところでないのかな?

ところでゆっきーさんは『ガンダム』見たことあるんだっけ(爆)

2. Re:ジオン・ダイクン 

>深川歌仙さん

劇場版ガンダムは全部観てます。
テレビバージョンを観ないとだめだといわれ(笑)、途中途中は観ました。
シャア好きです~(ノv`*)

そういえば、アムロ君は動員されちゃってますね。
でもガンダムに乗りたくなくて一回ホワイトベースを降りた武勇伝もあったはず。

男の人が感情移入しやすいのは碇シンジ君の方なんでしょうか?

比べてみるとオモシロイですね~。

女性キャラだとガンダムに好きな人はいないなあ。
エヴァのミサトさんが好きです(笑)。
少しあたしに似てるかも?
ミサトファンの方ごめんなさい(爆)ヽ(〃v〃)ノ

3. Re:Re:ジオン・ダイクン 

>ゆっきーさん

>>女性キャラだとガンダムに好きな人はいないなあ。

へぇそういうものなのですか。

そういう比較面白いなあ。

>>少しあたしに似てるかも?

えっ、えっ本気にしていいの??

ミサトさん♡

タイプです(///∇//)

4. Re:Re:Re:ジオン・ダイクン 

>深川歌仙さん

歌仙さんはそういうリアクションでしたが、やっぱりミサトファンの人に殴られそうなので、似てるかも発言は撤回しときます(笑)。

5. 無題 

エヴァを見てないんだが・・・。
なんとなくね。

仏教的には,サンスカーラで作る独自世界があるわけなんだな。
そして,きっと,その独自世界の究極は母子一体のナルシシズム的な世界なんだろうね。自他不分離。

擬似ロボットの世界も,情報アンテナ張り巡らせて独自世界を構築して,その中で生きていくわけだ。

リアルって何?
「わたしーあなた」のリアルな関係って成立するのかしら。
まず,私のリアルって成立するのかだね~。

ますます二十億光年の孤独にくしゃみしたくなるかも\(^o^)/

6. Re:無題 

>弁護士 下中晃治さん

考えれば考えるほどリアルとは何かが難しいですね。

現代社会の処方箋はそれに回答を付与するのではなくて、そういう問い発しなくていいんだよ、と臨床的な笑顔で優しく微笑むことなのかも?

7. Re:Re:無題 

>ゆっきーさん

おいおい。ちゃぶ台返しできんから,こだわりつづけてるんでしょうが(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [カンジャのチカラ2 「セカイ」の多重化の様相]へ
  • [カンジャのチカラ4 新自由主義の理念とバトルロワイアル的動員ゲーム]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。