FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←勉強・読書のハウツー本を読むシリーズ →勉強•読書のハウツー本2 ゆっきーは本屋で『○○力』本のここを見るのだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [勉強・読書のハウツー本を読むシリーズ]へ
  • [勉強•読書のハウツー本2 ゆっきーは本屋で『○○力』本のここを見るのだ!]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

読書感想文

勉強•読書のハウツー本1 脳の本は読んだ後のアウトプットが重要?

 ←勉強・読書のハウツー本を読むシリーズ →勉強•読書のハウツー本2 ゆっきーは本屋で『○○力』本のここを見るのだ!
 それでは『本当に使える勉強法』にどんな感じで勉強本が紹介されているか見てみましょう。

第一回目は茂木さんの本でーす。


脳を活かす勉強法 (PHP文庫)/PHP研究所
 勉強を始めても三日坊主で終わってしまう、集中できない、記憶が苦手だ、などと悩む人も多い。
しかし、それらは脳の特性をうまく活かさず勉強しているからである。

 脳の「喜びの回路」が一度回れば、あとは雪ダルマ式に勉強の成果が上がるのである。


◎脳は何かを達成するたびにどんどん強くなる
◎「タイムプレッシャー」が脳の持続力を鍛える
◎「瞬間集中法」で勉強を習慣化させる
◎集中力を養う「『鶴の恩返し』勉強法」
◎「モダリティ」を駆使して効率的に記憶する
◎あなたも「強化学習」の回路を暴走させて、能力を開花させることができる




 さてでは、この本はどう評価されているでしょうか、見てみましょう。
「この本の軸は、人間の脳は報酬物質のドーパミンが出ると快感を感じる、ということです。勉強でドーパミンを出していこうというだけを書いて、一冊に膨らませた本です。」『本当に使える勉強法』

 と『本当に使える勉強法』ではこの茂木本にやや懐疑的です。

 ニンテンドーDS脳トレブームもあり、また養老孟司さんの『バカの壁』が200万部以上売れたりなど、脳に注目することは一頃大流行りでした。

 その後、本当に脳トレ効果なんてあるの?という反動や、脳トレブームに苦言を呈する専門家も現れたり、任天堂がそれに応答するなどということもありました。


$『音の風景』 ANNEX 任天堂広報室は「脳トレの効果については、学術界で活発に議論いただきたい。ただ、娯楽商品は害がなくて楽しいことが最重要。実際に幅広い年代が楽しんでくれている事実は、議論の行方とはまた別」という。
『脳ブームに「待った」 学会「根拠示す配慮を」』







 この『本当に使える勉強法』はこうした脳ブームが去ったあとの視点で、勉強と脳の関係について冷静に距離を置いて観ています。

 しかし評価しているところもあります。

「ただ、茂木氏が挙げている第一の原則【喜びや達成感を得る】は、勉強を楽しくするための大きな柱とは言えます。」『本当に使える勉強法』


 具体的には…

1今日はこれだけできたと記録しておく
2人にしゃべって強化しておく


 は効果があるのでやるべきだと推奨しています。

 ここで言う【記録】【他人にしゃべる】、両方とも言ってみれば<脳みその外に出す>=アウトプットだと言えそうです





 ということで、以上をまとめますと…

 
ズバリ!『音の風景』 ANNEX




$『音の風景』 ANNEX
知識が増えても、

行動に影響がなければ、

それは現実にはならない



by 養老孟司





 という、常識的なところに落ち着くのかもしれません。

 この『脳を活かす勉強法』を読んで「喜びの回路」の大切さを実感した後、また別の本でその具体的なアウトプット方法を模索するという道筋が見えて来そうです。

 ハウツー本読書の特徴は、こうやって次々と読み終わった後新しいハウツー本に手を出したくなることかもしれません。行動に影響してるんでしょうか(笑)。そーゆー意味じゃないよ!
と養老先生にしかられるかも?(ノ∀`)

 お金はかかりますが、それもまたオモシロイと言えましょう(o^—^)ノ




【追記】
 私は今回の茂木さんのこの本はたまたま読んでますが、紹介された本のいわゆるウラはとらない方針です。もちろん、読んでいるかのような臆断で書くことは注意深く避けるようにします。

 取り上げられている本については『本当に使える勉強法』を読んで得た間接的な印象にあえて特化し、そこから連想したことを自由に書きます。いわば勉強本の勉強本=メタ勉強本自体をもう一回読む(メタメタ読書)ということです。Amazonのレビューではそこをごちゃごちゃにして書いてる人もいますが、そういうのはしません。

 『本当に使える勉強法』を読んでみる限り、読みたくなる本だなあとか、やめておこうと思っちゃうな~とかですね。

 原典の評価ではなく、また、『本当に使える勉強法』の主張の妥当性の検証でもなく、いわば『本当に使える勉強法』を戦略的にワザと鵜呑みにするので、誤解なきようお願いいたします。そういうわけでこのシリーズのコメント欄では妥当性論争は原理的におき得ませんので、そうした中身についての突っ込んだ論争を呼びそうなコメント(感想の域を越えてると私が印象を持つコメント)をつけてくださった場合は、残念ですが今回スルーさせていただきますのでご了承くださいませ。
ღゝ◡╹)ノ♡



 






スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [勉強・読書のハウツー本を読むシリーズ]へ
  • [勉強•読書のハウツー本2 ゆっきーは本屋で『○○力』本のここを見るのだ!]へ
 

~ Comment ~

1. アウトプット 

とりあえず自分の場合は
書くことですね。

やたらめったら
周りの人に話しても
それわそれでご迷惑でしょうから。

とにかく書くことで
アウトプットしています。

2. 無題 

ゆっきーさん、いつもありがとうございます(*^^*)

するどい目と感性をお持ちですね

中でも、知識が増えても行動が伴わなければ意味がないとはその通りだと思います

とても勉強になりました

ありがとうございます(*^^*)

3. Re:アウトプット 

>深川歌仙さん

私も同じでーす(^o^)
結局ハウツー本は自分にとってどうか、ってことだと思うので、自分なりに書いてまとめてみると一番はっきりするかなと。

だから同じ本を人がどう読んでるか、よそのブログで読むのも面白いですよね!

4. Re:無題 

>ちょいよし研究家 みやちゃんさん

おはようございます(o^—^)ノ
いえ、養老語録の丸写しです(爆)。

でも、人の心って自分の外側と交わる場所(コメント欄もそうかなと)で生き生きするものだよな~と思ってます。

コメントありがとうございました!

5. 水野敬也さんの 

『夢をかなえるゾウ』でも、本を読むだけなら座ってるのと同じって書いてましたねw

6. Re:水野敬也さんの 

>○ たかさん

「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」でしたっけ(笑)。

7. はじめまして 

孫引きの孫引きOK的な気楽な感じでコメント書かせてもらうと…、茂木さんの強調してるらしいポイントはよくわかりますよ(というか、基本的なことだと思う)。喜び、快感、といった「報酬」がないと、エンジンが回らない、みたいな。記録することで、「今日はこんなに進んだ!よくやった!わたし」って満足するんですよね。ダイエット法でもそんなんありましたね。

ただ、「他人にしゃべる」といっても、例えばブログで整理するとか、一人で書くスタイルでアウトプットするなら(結果、誰かが読むだろう的な…)問題なさそうだけど、ほんとにその場で生きた他人つかまえて「今日わたしね、こんだけ○○やって、こんだけ身についたよ!」ってしゃべらないと満足できないとかだったら、その人のまわりにいる人は少し面倒かなって(笑)。思いました。

8. Re:はじめまして 

>なんやろさん

はじめまして、こんにちは(^o^)
孫引きの孫引きの気楽さでぜひお願いします!

 そうですよね、ダイエットもそうですしやっぱり自分が達成したものが何だったのかって、パワーアップ(ダイエットはロスか(笑))した自分がそれ以前の自分をみて満足するみたいなのありますよね~。

 周りにいる人に誰彼構わず成功体験語っちゃうのはヤバイかも(笑)。
 私はその点ブログって自分にあってるなと思うんです。記事はパブリックなものだけど半分は個人日記だから黙殺されてるくらでちょうどいいかなみたいな感触も。

Facebookだと距離が近すぎて、義理でいいね!押してもらってるんじゃないかなみたいな、申し訳ない感じもして(笑)。

9. アハ(笑) 


こんにちは。
いつも興味深く読ませていただいております。

茂木さんといえば、「アハ体験」?

脳が活性化して脳が喜ぶらしいですね。

科学的なことはわかりませんが、

なんだが「アハ(笑)」って

脳が喜んでいるんでしょうか!?

ポジティブでいいなと思いますが。



10. Re:アハ(笑) 

>アメアガリさん

こんにちは(^o^)
茂木健一郎さんが使うと言葉が独特のニュアンス帯びて来ますよね。

アハ体験(笑)。
YouTube http://bit.ly/RFBoEH
ちなみに私は最初は分かりませんでした。

脳が鈍ってるかもしれません(汗)

11. リンクするわ 

今日書こうかなって思ってるブログにリンクしちゃうわ(笑)

資格取得もそうですよね。

持ってるだけじゃなんにもならない。

とるまでの過程はもちろん大事だけど使うための資格。
知識もそう。

だからあたしも資格更新せんとこうかな~なんて人のブログのコメントに言い訳したりして(汗)

話は戻りますが・・・
あたしは茂木さん大好き。
あの風貌と言ってることのすばらしさのギャップが「ぼくの好きな先生」とだぶったりして。

脳みその話って奥が深いから心理学と合わせて勉強するとまた違う分野の学問ができあがりそうですよね

12. Re:リンクするわ 

>タロットカウンセラー 喜与実さん

茂木健一郎さんは、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で、好きになりました(^o^)。

資格とか検定ってものすごい種類がありますから、私はなんかどれも真剣に考える前に、そのうち関心がなくなっちゃいます(笑)。

後でブログに遊びに行きま~す(o^—^)ノ


13. 無題 

茂木さんは最近僕がはまっているロジャーペンローズという科学者の本の翻訳とかをしてるようなので少し興味を持ってます。
黒柳徹子さんは、毎日新しい人から話を聞いて
それに対してアウトプットを繰り返しているから、いつまでたってもボケないんだとどこかで聴きました。

14. Re:無題 

>けんたさん

ああ、徹子の部屋は人間業じゃあないですよねえ。
(^○^)。
続くのは阿川佐和子さんくらい?(笑)

その本のおもしろいところとかまた、けんたさんのブログで読みたいな~
(o^—^)ノ

15. 無題 

「脳を活かす勉強法」以前読みました!
茂木氏の「脳を活かす仕事法」みたいなものも買って読んだきがするのですが、両方とも全く内容を思い出せないです。。。
全然、ものになってませんね 笑

外山滋比古なんかは結構好きです。

16. Re:無題 

>星乃直樹さん

こんばんわ~(o^—^)ノ

ハウツー本は読んで元気になるという目的もありますからね~(^o^)私もまったく頭に残ってないことありますが、割り切ってます。

外山滋比古さんですか。
情報の整理とかアウトプットの本はビジネスマン出身じゃない人の名著も多いですよね!

17. おはようございます。 

知識が増えても、
行動に影響がなければ、
それは現実にはならない
by 養老孟司


これ
ズバリ!
一言一言があまりに当たり前すぎませんか…

現実化しない行動は行動とは言えないし、
行動を変化させるために知識を求めるわけだし…

しかし、ハウツー本で知識を得ただけで、「デキル男」になった気がする人も多いんだろうな。

そう言う意味では『構造と力』で、ポストモダンを理解した気になったのは私です…f^_^;

18. Re:おはようございます。 

>のん(千葉)さん

おはようございます(o^—^)ノ

こんな本もありますよね。
Amazon.co.jp: 思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき: ナポレオン ヒル,Napoleon Hill,田中 孝顕: 本 http://amzn.to/TQgWHO

思考の現実化は永遠のテーマなのかも?(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [勉強・読書のハウツー本を読むシリーズ]へ
  • [勉強•読書のハウツー本2 ゆっきーは本屋で『○○力』本のここを見るのだ!]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。