FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その6 ウェブの記憶力? →【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その8 SFの父の遺産
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その6 ウェブの記憶力?]へ
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その8 SFの父の遺産]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その7 記録と記憶

 ←【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その6 ウェブの記憶力? →【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その8 SFの父の遺産
記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済/東京大学出版会
日々刻々と膨大な情報が生産されていく今日のデジタルメディア環境。そうした種々のデジタル情報を記録しようとする試みが、いま世界各国ですすめられている。本書は、その機能や成り立ちを概観しながら、それが社会的、文化的にどのような地層にあるかを考察、今後の展望を示す。
東京大学出版会Webページより



まえがき―森と砂
第1章 記憶の外在―デジタル・アーカイヴとは何か
第2章 記録というスペクタル
第3章 占有と共有―ムンダネウムをめぐって
第4章 文化記憶の社会資本
第5章 電網の中の文化経済
第6章 離散するアーカイヴ―京都ブランドと文化経済
第7章 米国の文化情報基盤―情報スーパーハイウェイにおける人文科学と芸術
第8章 インターネット・アーカイヴの挑戦―デジタル情報の記録と記憶
第9章 記憶のゆくたて
第10章 記憶の編纂と反転
終章 結紮のデザイン




 目次を見るだけで私なぞはワクワクしてきてしまいます(=⌒▽⌒=)ドキドキ

 この本のテーマは「記憶」と「記録」のダイナミックな相互作用についてです。

 著者の記憶と記録に関する現状認識は例えば下記です。記録と記憶のダイナミクスが大きなうねりとなって新しい時代を作っていくというまさにその真っ只中に我々は生きている。


「デジタルアーカイブの出現によって、芸術作品をはじめとした過去の記録がグローバルに偏在する記憶の扉がいま、出現しようとしている。しかし、外在化された記録そのものは意思を持たない。各個人がデジタル•アーカイブに堆積した記憶にアクセスし、ストックとフローをくり返す過程の中で、記録から派生した記憶は未来へと紡がれていく」
『記憶のゆくたて』p13




 そしてこれに続く文章でITによって加速されるこのダイナミクスは個人的な記録と記憶の領域にとどまらず、「記憶の産業化」「記憶機関」を生み出していると指摘します。

 なんとまあ、刺激的な書き出し!




「記憶の産業化」「記憶機関」とは一体なんなのか!?魅惑的でSFチックなこの言葉の中身を次回みて見ることにしましょう。

つづく(〃⌒▽⌒)ゞ




スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その6 ウェブの記憶力?]へ
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その8 SFの父の遺産]へ
 

~ Comment ~

1. 楽しみにしてます 

オレが思う処まで

エグり掘り起こしてください
   (^人^)

2. こんばんは 

面白そうな前説
続き楽しみです(^O^)/

3. Re:楽しみにしてます 

>海渡♪#さん

あはは。ではツッコミよろしくお願いします(o^—^)ノ

4. Re:こんばんは 

>carly Simonさん

さて「記憶の産業化」「記憶機関」とはいかなるものなのでしょうか?
次回に(〃⌒▽⌒)ゞ

5. おおーっ 

ということは逆に…
人間における「器官なき身体」ならぬ
「器官なき記憶」の発現?

6. ワクワクしますね 

「記録から派生した記憶は未来へと紡がれていく」

夢があって素敵。

あたしが日々鑑定している人の多くは『記憶』が塗り替えられているように感じてます。
記憶とは主観で書き換えられるもの。

でも記録は「事実」ですもんね。
それすらも改ざんする人もいるかも?しれませんが・・・

次回を楽しみにしてます!!

7. Re:おおーっ 

>のん(千葉)さん

あ!ドゥルーズってそう読むのかあ(^◇^)
ありがとうございます!

8. Re:ワクワクしますね 

>タロットカウンセラー 喜与実さん

こんにちは!

記憶の更新を上手にできることが上手に生きていくことにつながるのでしょうか。

上書き保存もバックアップが必要だったり…。

なかなか難しいですね(笑)。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その6 ウェブの記憶力?]へ
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その8 SFの父の遺産]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。