スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その12 記憶は記録の再現ではない →【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その14 あぶないセミナー?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その12 記憶は記録の再現ではない]へ
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その14 あぶないセミナー?]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その13他者への語りの中から生成してくる自己?

 ←【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その12 記憶は記録の再現ではない →【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その14 あぶないセミナー?
おはようございます(〃⌒▽⌒)ゞ

 ウェブ社会の思想―“遍在する私”をどう生きるか (NHKブックス)/日本放送出版協会
(「他者への語りの中から生成してくる」)とすれば、そこで「記録」というメディアが、自己を形成するのに非常に正要な役割を果たすことは、容易に想像できるだろう。「高校時代の友人」が、どのような人だったのか、放っておけば私たちはすぐに忘れてしまう。しかし、日常にはあまり思い出されることのない相手であっても、卒業アルバムを見返したり、あるいはときにそれを別の友人に見せながら、「彼はこういう人でね」とか「ああ、こんな人もいたなあ、彼女はね……」と語ったりすることで、そのたびに「高校時代の自分」を構成することができる。そしてそれを通じて「あのときは意識しなかったけど、ほんとうはこの人のことが好きだったんだ」などといったように、記録をもとにした他者への語りを通じて、「いまの自分」に接続される、自己物語を生成するのである。

 若者の記憶と自己について研究している角川隆一は、女子同生の写真ブームや、素人による日常的なスナップ写真の投稿誌が、それを撮る者、語る者にとっての「思い出づくり」、すなわち記憶の再構成という機能を持っていたと論じている。角川によればそれは、投稿を通じて他者に提示された思い出であり、それについて語ることを通じて、そこに写されたものが「ほんとうは大切なもの」であることを確認する媒体であるという。ここには、記録というメディアと、自己によって物語られる記憶との間の、ダイナミックな関係を見て取ることができるだろう。



 とても明快に、「他者への語りの中から生成してくる」自己についてまとめられています。

 記録をもとにした他者への語りを通じて、「いまの自分」に接続される、自己物語を生成するというのは、下記にパラフレーズして理解することができます。


1記録をもとにしている=虚偽ではない(写真など証拠がある)

2他者への語りを通じて=独りよがりでない(解釈の妥当性を保証)


 例えば、クラスナンバーワンの人気だった女の子と付き合っていた思い出に浸りたい場合、まったくの妄想ではなく自分自身の確かな記憶、例えば1の証拠写真相当するその子と肩を組んだスナップ写真が要請される。
 さらに、これが単なる文化祭打ち上げの集合写真を撮った時のたまたま隣にいたその子とその場の雰囲気で肩を組んだ写真ではなく、付き合っていた証拠として2の他者に認めてもらう作業の必要がある。


 つまり自分の妄想の閉じた島宇宙を再生産するのではなく、開かれた世界に接続された他者の承認を経て「いまの自分」に接続される、他者を含んだ自己物語を生成するというプロセスが必要なのである。





 メカニズムはこれで非常にはっきりしました。

 毎日私たちがネットで見知らぬ他者に語りかけることを繰り返すのはこの流れに沿った作業であると言えそうです。



 ただこのプロセスにも問題がない訳ではありません。

 2の他者なんですが、実際には彼女じゃないのに肩を組んだ写真であるにもかかわらず、自分の都合のいいように「それはお前が彼女とデートした時の写真だよな」と偽の証言をしてしまう人を呼び寄せて偽証させてしまい、自分に都合の良い思い出を再生産していこうとしてしまったらどうでしょうか。

 自分の答えて欲しい答えを出してくれる人を私たちは無意識のうちに求めてしまう。そして「それは単なる文化祭打ち上げの集合写真だよ」と真実を指摘してくれる同級生を遠ざけてしまうということに陥りがちなのもまたあり得る話です。




 次回この困難について考えてみたいと思います。


 つづく(〃⌒▽⌒)ゞ
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その12 記憶は記録の再現ではない]へ
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その14 あぶないセミナー?]へ
 

~ Comment ~

1. 逆に言うと 

他者次第で、(他者の、あるいは自分の)好きなように自分の記憶は読み替えられ、書き換えられると言うこと?
自分の都合の良い他者を呼んできて、自分の都合の良いように記憶を書き換える作業をすると言う…

と言うことは
既に私が思い出とか、直面している現実とかいってるものも、他者に、あるいは自分によって書き換えられた夢なのかもしれない。

私は覚醒しているのか、夢を見ているのか?

この問いの外部に出ることは可能なのだろうか。

いや、この問いの外部に出ることに意味などあるのだろうか。

ブーバー(すみません、まだ読んでません)の言った「対話」によって真の自己、真の現実に至る、と言うのは正しいのだろうか。
ブーバーの言う他者とは誰?
都合の良い他者?(ではないよね)
絶対的他者?
イエス?
ブーバーはユダヤ教徒か、だったらアブラハム?
(自分で読めって)

抗うつ剤が効かなくなって来たようです。
沈みこんで行く目の前の「現実」が重くのしかかってきるようです。

2. Re:逆に言うと 

>のん(千葉)さん


うっ!根源的コメント(笑)ありがとうございます!

>>他者次第で、(他者の、あるいは自分の)好きなように自分の記憶は読み替えられ、書き換えられると言うこと?

私はそう思います。例えば悪質な自己啓発セミナーというのは合宿体験などで受講生を洗脳することでこれを都合よくやってるのではないでしょうか。

>>と言うことは
>>既に私が思い出とか、直面している現実とかいってるものも、他者に、あるいは自分によって書き換えられた夢なのかもしれない。

現代人は自己啓発セミナーを受講したことがなくても、いろんな場面で気がつかないうちに受講した状態になっているとも考えられるかなあ。


>>ブーバー(すみません、まだ読んでません)の言った「対話」によって真の自己、真の現実に至る、と言うのは正しいのだろうか。
>>ブーバーの言う他者とは誰?
>>都合の良い他者?(ではないよね)
>>絶対的他者?
>>イエス?
>>ブーバーはユダヤ教徒か、だったらアブラハム?

 とりあえず、次回は資本主義と自己啓発セミナーと宗教の関係について考察する予定です。ブーバーには言及予定はありませんがご参考になれば…。

ともあれ、お気楽に穏やかにお過ごしになられますように…。

ゆっきー

3. すみません 

>ゆっきーさん

ちょっとお気楽に騒いじゃいました。

ごめんなさいm(__)m

ゆっきーさんは優しいなあ(;_;)

4. Re:すみません 

>のん(千葉)さん

いえいえ(〃⌒▽⌒)ゞ
何も不都合ありません。私もいつもコメント楽しく頷きながら拝読させていただいてます。


私が優しい…?(笑)

各方面から異論が出そうですが(爆)

5. 無題 

>ゆっきーさん

いえいえ
ゆっきーさんは優しいです

ゆっきーさんに私がされたように
各方面の異論に対し、
私が記憶の書き換えをしましょう(^_-)-☆

6. Re:無題 

>のん(千葉)さん

ƪ(Ơ̴̴̴̴̴̴͡.̮Ơ̴̴͡)ʃ
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その12 記憶は記録の再現ではない]へ
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その14 あぶないセミナー?]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。