スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その13他者への語りの中から生成してくる自己? →【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その15 自己啓発セミナーの倒錯的快楽
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その13他者への語りの中から生成してくる自己?]へ
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その15 自己啓発セミナーの倒錯的快楽]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その14 あぶないセミナー?

 ←【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その13他者への語りの中から生成してくる自己? →【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その15 自己啓発セミナーの倒錯的快楽
 ウェブ社会の思想―“遍在する私”をどう生きるか (NHKブックス)/日本放送出版協会
 たとえばある人が、自分は親からの虐待が原因でアルコール依存症になった、と語るとする。いわゆる「アダルト・チルドレン」と呼ばれる、育成環境のゆがみによって、現在の不都合が生じているとする症例だが、ではその「虐待」が、偽りの記憶によって生成された自己物語であったとすればどうだろう。

 患者の親が「そんな虐待の事実はない」と考え、それに対して患者が「あの出来事こそが自分のトラウマになったのだ」と主張する。これと関連するのが、「偽記憶症候群」と呼ばれる現象だ。

 これは、アメリカ社会におけるセラピーの流行によってアダルト・チルドレンに関する推例や研究が増えてくるとともに注目されるようになった現象で、カウンセラーとの対話を通じて、クライアントが、実際には体験したことのない「親からの虐待の記憶」を語り始め、そのことで家族関係などにトラブルが生じてしまうというものだ。

 人びとは自分の物語を、ときとして偽りを交えながら生成し得る。その根拠となっているのは、記憶と記録のループ関係にも現れる、自己物語を生成する主体の欲望であろう。その欲望する主体が盲点化されるとき、自己物語は、「わたしがありたいわたし」についての根拠を無限に再生産するだけのプロセスにしかならない。では、その盲点化されてしまった「わたし」は、どこへ行ってしまうのか。(以上引用)





 さてどこに行っちゃうんだろう(>_<)

 というところなのですが、上記の例はうまく行かなかった精神科医との関わり方ですが、話をもっとわかりやすくするために極端な例を考えてみます。 

 その極端な例の一つには「自己啓発セミナー」という出口が待っているように思います。偽りの自分探し、究極の閉じた共同体内承認システムかもしれません。

 『ウェブ社会の思想』の精神科医の例も、自己啓発セミナーにも良いものも悪いものももちろんありますので、簡単にわが国における最近の自己啓発セミナーの流れを整理した上で、この記事で取り上げる自己啓発セミナーを定義しておこうと思います。




『音の風景』 ANNEX 日本で自己啓発セミナーが隆盛した80年代には、すでに社会的共同体は完全に失われてナルシズム的個人主義が確立しており、セミナーの技法が照準する存在論は、共同性=社会性の再構築というより、まったく新しい退行的な共同性を人工空間に生み出して、そこに自己を幻想的に囲い込むようになった。
 70年代には残存する社会的共同生を支えに自己確立と社会再編を目指した同じ技法が、80年代には共同性の完全な不在の下で「全能の」自己の能力に幻想的に従属するセミナーの擬似共同体を生み出し、主体はその非日常的な擬似的•倒錯的共同性を宗教的な真実と錯覚し、しかも真の自己がそこにあると思い込むのである。(以上引用)


 抽象的な文章ですが、ここで80年代的なセミナーとして筆者が言わんとしていることは、その80年代に活動を始め、やがて日本を恐怖のどん底に落としたカルト宗教団体をその極端な例として思い浮かべていただければそうはずれていないと思います。

 ということでこのシリーズでは自己啓発セミナーという言葉をこの80年代的なカルトセミナーとします。良いセミナーを開催してらっしゃる方、参加してらっしゃる方には誤解なきようお願いいたします。




 この自己啓発セミナーでは『ウェブ社会の思想』で懸念されたように「自己物語は、「わたしがありたいわたし」についての根拠を無限に再生産するだけのプロセスにしかならない」という事態が現実のものとなります。



 次回この事態についてもう少しみてみます。

 つづく(〃⌒▽⌒)ゞ
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その13他者への語りの中から生成してくる自己?]へ
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その15 自己啓発セミナーの倒錯的快楽]へ
 

~ Comment ~

1. こんばんは 

乖離性なんとかという病気も、幼少時の虐待がその病因であるケースが多いそうですが、全く何もされていないのにそう思い込んで、物語を作ってしまう人もいると聞きます。
何割かは知りませんが・・・
どこかの国ではありませんが、何かのせいにすることで、自己防衛しているのでしょうか。
ちょっと怖いですね。

2. よくある事だと思いますよ 

僕は結局感情の問題だとシンプルに

処理しています。

もちろんバイアスが違うといえば違いますが、

ラポールにしても

そこに落ち着き

人間の関係性のあり方は

最終的には1対1の関係から始まると思います。

もちろん時代背景はとても大切な要素ですが

40年台にも

60年台にも

強烈な時代背景があったことを考えてもね。

ほら、フロムの「自由からの逃走」ですよ。

なんて僕が言わなくても

ゆっきーさんわかってるくせに( ´艸`)

3. 「偽記憶症候群」 

アメリカで「アダルトチルドレン」の流行による「偽記憶症候群」が社会問題となった時期がありましたね。
その頃発売された本で、「アダルトチルドレン」という概念がいかに恣意的で危険であるかという症例と、「アダルトチルドレン」と診断された患者の家族が、それによって生じた家族関係の破綻を克服し、「アダルトチルドレン」の洗脳から解放に向かう本を読んだことがあります。

何という本だったかなあ?
忘れたなあ…

4. 無題 

記録と記憶、そして自己物語と
興味深い話が続いてますね。

じつはトラウマって言葉が最近
あまりに日常的になっていることに
疑問を抱いています。

「あれがトラウマになったの!」って
自分で口に出して他者にぶつけるくらいなら
そんなのトラウマではないような気がするのです。

あと、記憶と記録もおもしろいと思いました。

自分はよくライブレポを書いたりするのですが、
全部内容やシーンを覚えられるわけではないので、完璧なレポを書くために観劇しながら
メモとったりしてみたらどうだろうとか思ったりしたこともありました。

でもそれは何だか本末転倒のような気がしました。
書くために観るというのはおかしなものですよね。観ているときから書くことを想定して何が楽しめるのだろうと思います。

あくまで体感できたことに応じて
記憶違い、順不同であったとしても
そのまま素直に書くべきだと思っています。

観客として書くレポは、
加工された主観交じりのいびつなものであると思うのです。(・・;)

5. Re:こんばんは 

>スカーレットさん

自分にはどこさがしてもトラウマがないから、「自分もアイデンティティーとしてのトラウマが欲しい!」と思っちゃう若者がたくさんいるそうです。

なんかおかしいですね(笑)。
でも分かる気もするのです…。

6. Re:よくある事だと思いますよ 

>深川歌仙さん

そうですね、つねに時代背景がそうした倒錯を引き起こしてきたのかもしれません。

ブーバーの「対話」もまたかなり難しい時代に、再び、三たび四たび?私たちはいるのかもしれないですね。

7. Re:「偽記憶症候群」 

>のん(千葉)さん

一次アンチアダルトチルドレン本も大量に刊行されたみたいですね。

8. Re:無題 

>アメアガリさん

おはようございます!

>>自分で口に出して他者にぶつけるくらいならそんなのトラウマではないような気がするのです。

ははは。そうなのかしれません(^o^)。

ライブレポお話面白いですね。
まさに記録と記憶が一緒じゃないことを私たちに教えてくれます。

生き生きとしたレポートというのかなりコツがいりそうですね~。


9. Re:Re:無題 

>ゆっきーさん

読んでくださったのですね。

どうもありがとうございます。

はい、
記憶と記録は違うって体感しました。

記録は進行形でメモるといいのでしょうか。

うーん、難しい問題です。(;^_^A

10. Re:Re:Re:無題 

>アメアガリさん

おはようございます
はい!
いきなりライブじゃなくてその前の会場に入ったあたりなんかも臨場感感じましたヨ。
(o^—^)ノ
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その13他者への語りの中から生成してくる自己?]へ
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その15 自己啓発セミナーの倒錯的快楽]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。