スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その15 自己啓発セミナーの倒錯的快楽 →【お知らせ】ライフハックシリーズ見取り図
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その15 自己啓発セミナーの倒錯的快楽]へ
  • [【お知らせ】ライフハックシリーズ見取り図]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その16記憶-自己物語への信頼低下と記録の優越

 ←【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その15 自己啓発セミナーの倒錯的快楽 →【お知らせ】ライフハックシリーズ見取り図
 自己啓発セミナーが、短期間の合宿などで自己陶酔的な体験を提供しても、いったんその場所を離れてしまえば、加速度的にその多幸症的な記憶の濃度は減衰していきます。

 ネットでも何かの話題で一次的な盛り上がりがあっても翌日にはそのワクワク感は失われている。コミュニケーションはせわしなく続けないとログオフしている間にいつ途切れるかわからない。これは自己啓発セミナーから帰ってきた参加者がその記憶を持続させるためにせわしなく勧誘活動を続行することと似ているように見えます。



 このことを『ウェブ社会の思想』にならって「出来事に対する、記憶-自己物語への信頼低下」と呼んでもいいでしょう。

 ウェブ社会の思想―“遍在する私”をどう生きるか (NHKブックス)/日本放送出版協会
ログ化される人生
 様々な出来事に対する、記憶-自己物語への信頼低下と、記録の優越化という現象は、既に人生の選択に関しても見られるようになっている。たとえば、「適職診断」のようなものがそれにあたるだろう。適職診断とは、ヤングハローワークなどで採用されているシステムであり、そこでは自らの嗜好や性格に関する質問に答えていくことで、「あなたの適職」が判定されるようになっている。むろん、実際にはそれはあくまで、その人が自分の適職を見つけるための(つまり自己の物語を語るための)材料として用いられるのだが、そこには、抗いがたいほどの「事実性」が生じている。つまり、わたしのデータに基づいて、システムが科学的に判断したのだから、これはわたしの判断に優先する「事実」なのであると。
(以上引用)





 ほっておくとすぐに消えてなくなる記憶に頼れないネットでは、一方でだんだんと個人の記録が蓄積されています。

 アマゾンで買い物をした時の「おすすめ」レコメンデーションシステムは、過去の購買履歴の記録から、私たちの好みにあった本を推薦してくれますが、それはやがて本にとどまらなくなるでしょう。



 再び『ウェブ社会の思想』から引用します。
 その究極の形は、「ライフログ」と呼ばれているものだろう。ライフログとは、近年、ウェブの新しい傾向として注日されているもので、自分の行動や考えを、コンピューターに逐一記録し、人生そのものを巨大なアーカイブとして保存しようという仕組みだ。むろん、時間は誰にも平等に24時間しかないので、そのアーカイブをすべて再生することは不可能だ。だがこうしたログは、ときに自らの行動の指針を決定するために、「過去の行動履歴」を検索するという形で利用される。

 言い換えれば、わたしがどのような人間であったかを「記録」として呼び出すことにより、自己の物語化のプロセスを媒介せずに、あらかじめ決定されていたかのように、次の行動指針を導き出すシステムとして、それは用いられるのである。

 こうした動きは、確かにまだコンピューターの中の世界の出来事でしかない。だが、既に述べたとおり、そうやって蓄積された個人情報、すなわち「バーチャルなわたし」は、ユビキタス化の流れの中で、あらゆる空間、あらゆる場面に遍在しつつある。そしてそれは、人生のあらゆる場面で、私たちに「あなたが望んでいたことはこれだ」という宿命を呼びかけることになるのだ。



 この『ウェブ社会の思想』出版されたのが2007年5月ですが、その後この記録の過剰はコンピュータの中の出来事を超え始めているようです。

 例えばこのTポイントカードの例などは完全にジャンルをクロスオーバーし、リアルを飲み込んで私たちの個人情報が飛び交っている世界です。


$『音の風景』 ANNEX
高木浩光@自宅の日記 Tポイントは本当は何をやっているのか



 さて、ここで私たちは一体どんな態度をとれば、「正しく記憶する」ことができるのでしょうか。



 自己啓発セミナーの引きつった笑顔、カラ元気でもなく、すべてを記録されて勝手にレコメンデーションされた自分の好みや、自分の希望や夢とは関係ない職業適正に頷く、無表情で覇気のない微笑でもなく、30年ぶりに会っても素敵な笑顔で高倉健さんのように「よう、元気か」と言うためにどうやって正しく他者を、そして自己を「記憶」したらよいのか。





 抽象的な議論が続きましたが、ここらでライフハックに戻り、その具体的な方法を検討してみたいと思います。


 つづく(〃⌒▽⌒)ゞ
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その15 自己啓発セミナーの倒錯的快楽]へ
  • [【お知らせ】ライフハックシリーズ見取り図]へ
 

~ Comment ~

1. 無題 

データベースによるデータマイニングと占星術って似てますよね。
過去の事例=データの蓄積による未来の予測、と言うか、未来の指針の提示、と言うか。
しかしそれはあくまで過去の事例=データと言うところが。

2. Re:無題 

>のん(千葉)さん

あ~なるほど~ですね。(^~^)
そういえばのんさんのお好きな柄谷行人さんって占い好きなんですよね。
占いのエッセイも書いてたし。

3. こんばんは。 

全く時事ネタで、・・TUTAYAでビデオを借りたこともなく、昔CDを借りたときに作って期限切れのカードに、ヤフーからポイント移動したりして・・。
たいした個人情報ではないので、少し、安心していますが、もう少し、突っ込んでこの情報を知りたいと、少々思います。わたしのはクレジット無しのカードですが・・それでも、流出しているのでしょうか。。

4. Re:こんばんは。 

>サッカニさん

こんばんわ。
気になるところですが、私もこのサイト以上の情報は知りません。

またこのサイトの高木さんが推測で書いている部分の真偽も私には検証しようがないので分かりません。

また、その方面の調査的な方向にこのブログ(やこの記事)を活用する予定もないので、サッカニさんのご質問に答えるようなコメントが他の方からついた場合もここでは公開しないことにしようと思います。
(収拾つかなくなる恐れもありますので)

以上、ご期待に添えず悪しからずご了承ください。

5. 「よう、元気か」って言われたい 

“30年ぶりに会っても素敵な笑顔で高倉健さんのように「よう、元気か」と言うために”

いいですね。

いったいぜんたいなんなんでしょうね
この圧倒的な信頼感は。

6. Re:「よう、元気か」って言われたい 

>鷹師さん

謎ですね…。
でもこの謎がネット時代には絶対必要なのだと思います。
謎は解けなくてもいいから、謎を何らかの形で共有できれば…。

7. 実感で分かります 

「自己啓発セミナーから帰ってきた参加者がその記憶を持続させるためにせわしなく勧誘活動を続行することと似ている」
めのおも実は経験があるんです。まったく、その通りですね。ネットビジネスをやってる人(めのおも一時かじりましたが)の口癖は「続けること」「持続こそ成功のカギ!」ですからね。
とても分かり易い解析で年寄りのめのおには難しいウェブ世界のことが実感で分かります。
勉強させてもらってます。ありがとうございます。

8. Re:実感で分かります 

>あがためのおさん

こんばんわ、コメントありがとうございます!

続けることは良いことに間違いないのでしょうが、何か残るのかも大事かな思いました。お金だけじゃなくて経験とか人間関係とか?

意外とこの何かを残しながらが走るのは、何やるにしてもムズカシイものだなと悩むゆっきーでした。
(ノv`*)

9. アルゴリズム 

Amazonとか見ても、

アルゴリズム、バレバレな感じしません?

ただよくできてますよね。

元システム開発者としては、
普通に感心しています。

ミクロ経済学の、限界効用曲線よりは間違いなく、遥かに役に立つてます(笑)
それよりライフハック
楽しみにしています(^-^)/

10. Re:アルゴリズム 

>深川歌仙さん

単純な協調フィルタリングですね~。

2シリコンバレー親和性は簡単にまとめて終わりにし、3スマホアプリ、クラウド、ライフログ親和性 に移りたいと思います!

引き続きよろしくお願いします(o^—^)ノ

11. 柄谷行人 

>ゆっきーさん

さすが、ゆっきーさん、
柄谷行人のかなりマイナーなエッセーまでよく読んでますね。

ゆっきーさんの世代でも柄谷行人は必須でしたか?
私の頃は、時代遅れだと言われてても、小林秀雄が必須だったように。

しかし、小林秀雄も柄谷行人も、初期中期は今読んでも、カッチョいいなあ(≧∇≦)

って、私はもう25年間、時代が止まっていて、
浦島太郎みたいなもんですが。

12. Re:柄谷行人 

>のん(千葉)さん

そうですね
東浩紀さん以前ですから古いという風潮です。
私は東さんの扱う美少女ゲームとかとっかかりがなく、柄谷さんの対象としたいわゆる文学史上の作家の方が馴染みがあったからという感じですかね…。

『日本近代文学の起源』は衝撃受けすぎて頭真っ白になりました(笑)。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [【ライフハック本の特徴】2シリコンバレー精神親和性その15 自己啓発セミナーの倒錯的快楽]へ
  • [【お知らせ】ライフハックシリーズ見取り図]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。