FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←3クラウド、ライフログ親和性 その3 「投資」としての情報の「大人買い」 →3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(上)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [3クラウド、ライフログ親和性 その3 「投資」としての情報の「大人買い」]へ
  • [3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(上)]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

3クラウド、ライフログ親和性 その4【内部発ライフログ】は、偶然の幸運を見逃さない

 ←3クラウド、ライフログ親和性 その3 「投資」としての情報の「大人買い」 →3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(上)
 さて今回は、「情報の大人買い」=「投資」=【内部発ライフログ】化の効用としてセレンディピティ(偶有性)の大切さについて考えてみたいと思います。

 まずこの「セレンディピティ」という耳慣れない言葉ですが、ライフハックではよくでてくる言葉で「偶有性」というこれまた耳慣れない日本語訳がつけられています。ちょっとイメージがわかる部分を引用してみましょう。



IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣/東洋経済新報社
 脳科学者の茂木健一郎さんは、日本の自然科学におけるノーベル賞受賞者四名のうち、少なくとも三名は受賞対象となった研究においてセレンデイピテイが重要な役割を果たしたといっています。【茂木健一郎「脳」整理法ちくま文庫】

白川英樹さんの「電導性プラスティック」の発見は、実験中に誤って資料を焦がしてしまったこと、田中耕一さんのタンパク質の質量分析法の開発では、試料を間違ってまぜてしまったことがきっかけだったようです。
ここで重要なのは、彼らが偶然に目を向け、そこに意味を見出した遊び心というか、心のゆとりでしょうか。

これはビッグなアイデアを導くうえで重要な構えだと思います。
(以上引用)




 科学的思考とは、厳密な仮説検証が欠かせないでしょうが、ガチガチの必然性の探求じゃなくて、茂木さんの著書の例にあるような、偶然が幸運に作用するような性質(偶有性)が大切だということです。


仮説思考や目的達成の執念は重要ですが、あまりにそれに固執しすぎると、身動きがとりにくくなります。
むしろ、セレンディピティ(偶有性)を取り入れるホケットを持つことが、アイデアをジャンプアップさせる重要な鍵です。
『IDEA HACKS!』より





「情報の大人買い」=「投資」=【内部発ライフログ】は、この「セレンディピティ」を確保するのに欠かせません。

 つまり、「大人買い」は、その著者の目的のコンテンツ、一冊の本以外の遊びの部分、すぐには役に立たないけど、きっと役に立つであろうという投資的な価値判断による偶有性の内部取り込み作業(=この取り込み作業がまさしく【内部発ライフログ】!)に他ならないのです。

 いわば、別の可能性へと思考を常に柔軟に開放しておくという態度が【内部発ライフログ】によって可能になるわけです。


セレンディピティという考え方は、そうした「うっかり無視してしまっている別の可能性」への対応を促してくれる、貴重なハックです。
リンクとハブという話でいくと、これは、見えないリンクに対応するための余裕でもあります。
アンテナを立てて、飛び込んでくるアイデアのリンクを待ちかまえるわけです。
こうした構えが必要になるのは、結局、未来が不確実性にあふれでいるからなのです。
誰も将来のことは予測できない部分がある。
ある程度の予報はできるとしても、正確な予測が難しいのは、ほんの些細なことが変わるだけで、未来が大きく変わってしまうからなのです。
『IDEA HACKS!』より



 以上、今回は【内部発ライフログ】「セレンディピティ」からみてみました。次回はこの【内部発ライフログ】の集団化=集合知のパワーについて考えてみたいと思います!

 つづく(o^—^)ノ
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [3クラウド、ライフログ親和性 その3 「投資」としての情報の「大人買い」]へ
  • [3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(上)]へ
 

~ Comment ~

1. お早うございます。 

ゆっキーさんがだんだん、先生のように感じられてきました。ふふ・・

さて、今日のブログを読んで、頭に浮かんだのが、「求めていなければ」出会えない、っていう言葉。偶然の幸運、また発見も、そこに出会うまでの自分の求めが最初にあって、だから出会うのかな?と・・・。
求めよさらば与えられん、ではないですが、欲しいものも大事な発見も、そこまでの長い道のりを感じます。ちょっとずれてたらご免なさい、先生!

2. Re:お早うございます。 

>スカーレットさん

うぎゃー(><)
そーなんです、なんだか内容が硬いのを一生懸命書いてるもんですから、知らず知らず先生口調に(爆)。
あー恥ずかしい(^_^;)

小説書いてる時も登場人物が乗り移ってくるんですけど、そんな感じ。お許しを…(笑)


>>
さて、今日のブログを読んで、頭に浮かんだのが、「求めていなければ」出会えない、っていう言葉。偶然の幸運、また発見も、そこに出会うまでの自分の求めが最初にあって、だから出会うのかな?と・・・。
>>

おー(^○^)これは私の人生観の基本です!スカーレットさんもそうなんですね。
目の前を大事なものが通り過ぎないようにするために、いつそれが来てもいいように、謙虚にコツコツ準備しながら待ってる感じ。

駆け回ってあせって探そうとしても、大事なものは逃げちゃう気がします。だからまじめにピュアに求める…。
ぐるっと一回りして実は青い鳥は家にいた、なんてこともあるけど、それも自分が青い鳥を求めたからだって思うんです。

コメントありがとうございました!(〃⌒▽⌒)ゞ

3. ありがとう! 

>ゆっきーさん
あの、先生っていう感触は、ゆっきーさんのあまりにも膨大な知識と素晴らしい感覚に脱帽したから・・・
皮肉じゃないですよ~!

4. Re:ありがとう! 

>スカーレットさん

(*u_u)

5. ぶらり寄り道の旅 

ドお久しぶりです!

久しぶりにお邪魔してみても、やっぱりドアカデミックブログですね…ここ。

「セレンディビティ」ってタイトルの映画もあったような…たしかジョン・キューザック主演の映画で。

たしか、大昔に日経ビジネスだったかなんだかの記事で似たような話題を読んだ気がしたので
Google先生にお願いしてみました。
イギリスの作家が付けた造語でしたね。
これって、猫ひろしに国籍変更させて、マラソンのカンボジア代表にさせようとしたけど、規約上実は出来ませんでした…というお粗末な出来事を見た村上龍あたりが「無計画に物事を進めて、結局は上手く行かないことを『カンボジる』と呼ぶことにしよう!」って言ってるようなもんですか…
違います?そうですか…

「駄菓子の大人買い」=「泥酔して道端で凍死寸前」=「北春日部発東武伊勢崎線で爆睡してスローライフ」な私には、偶有性、偶察力といったものは、感知度の緩い私には縁のない話かもしれません(笑)

6. Re:ぶらり寄り道の旅 

>道三さん

お久しぶりです。
最後のくだりは実話っぽいですが(笑)、リアル道三さんの伐折羅振りが素敵です。

お元気そうで何よりです~
あらためてよろしくお願いしまーす(^○^)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [3クラウド、ライフログ親和性 その3 「投資」としての情報の「大人買い」]へ
  • [3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(上)]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。