スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←概念整理メモ →知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [概念整理メモ]へ
  • [知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

感覚メモ

 ←概念整理メモ →知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ
もう一つメモ

 のんさんというブロ友さん(と勝手に言っちゃっていいのかしら?汗)からいただいたコメントのお返事コメントに書いたもの。

 のんさんのコメントは【内部発ライフログ】は【外部発ライフログ】に対してどういう関係に位置するか、抗う力たり得るのか?というサジェスチョンでした。

 これも今、思考の格闘に使ってる。
 のんさん、その節はありがとうございました(o^—^)ノ

 今読み返して再検討してみると、下記の記述は【内部発ライフログ】ではなく、今回世間で使われている意味とは別の意味を付与したい【集合知】のイメージを語っているような気もする。であれば、下記でいう【内部発ライフログ】は、その意味での【集合知】、考古学的知見を駆動させる契機ということになりそうだ…。多分それが正しいのか…。


以下コメント返し------------------------------------------------------------------------------

 古い日記に若かった頃の自分の純粋な悩みを発見して驚いたり、読みかけだったしおりの挟んだ本を発見して続きを読み始めたり、捨てられなかったラブレターを発見して、でも中身を開けることができなかったり、みんな地中に埋めたタイムカプセルや、硬く瓶に蓋をして海に流した自分への手紙みたいなものだと思います。

♪人ごみ流されて
♪変わってゆく私を
♪あなたは
♪ときどき
♪遠くで
♪叱って

これが私の【内部発ライフログ】のイメージです。
本当は何事も卒業していなかった、あの頃の卒業アルバム。

革の表紙の卒業アルバムを開くことは、外部発ライフログに抗うことにもなりますが、もしかすると古い自分を崩壊させることもあることでしょう。
------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [概念整理メモ]へ
  • [知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ]へ
 

~ Comment ~

1. なるほど~ 

古いアルバムを開くと、そのころ考えてた事と、今考えてることは、多少違う。あるいは、同じ考えであることを確認する。学生時代よりか多少なりとも、客観的に多角的にものごとをみることが出来るようになる。
主観的内部発ライフログから時間をおくことによって、客観的な外部発ライフログに自分の思考が変化してしまっているのかもしれない。
しかし、学生時代に自分が感じた事は、確かにそのときの自分にとっては真実だと分かるし、同時に時間が経って客観的に自分が感じた事も、今の自分にとっては真実だと分かる。
同じ事を他人がみるとまた違う見方による新たな真実がでてくる。
世界(真実)は人間の数だけ存在する。
しかし、同じ世界(価値観といってもいい)を共有できる人間に出会えるとすれば、それはすごく素敵なことだと思います ∩(´∀`)

2. Re:なるほど~ 

>○ たかさん

うわあ、このメモを私がもう一回ここに残したかった理由はそういうことなんだなと、このいただいたコメントみて思いました。

ありがとうございました。

次回「真実が人間の数だけ存在する」ことを、ニーチェの遠近法による価値論から考察したいのですが、まだメモになりそうです。

ではまた(o^—^)ノ
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [概念整理メモ]へ
  • [知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。