FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←感覚メモ →集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [感覚メモ]へ
  • [集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ

 ←感覚メモ →集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ
今回はまるごと引用メモ。

これを咀嚼するのだ…。


これがニーチェだ (講談社現代新書)/講談社
 パースペクティブは、従来「遠近法」と訳されることが多かったが、私はたんに「観点」とか「視点」の意味だと思う。
 ある生き物が置かれた生存条件が、その生き物にある世界の捉え方を強いるのであって、それ以外に世界そのものなどはない、という考え方、が「パースペクティヴ」という比喩に込められている。
「およそ『認識』という語が意味をもつ限り、世界は認識されうる。だが、世界は他の仕方でも解釈されうるのだ。
 世界はその背後にはいかなる意味も持たず、無数の意味を持つ(ニーチェ)。
 これに基づいて「人間だけではなく、すべての力の中心が、自分自身から出発して残りの全世界を構成する」( ニーチェ )とされる。

 しかし、でもまた、その主張それ自体はいかなるパースペクティヴからなされているのか、という問題が付きまとうことを忘れてはならない。
 この考え方によれば、理解するとか認識するといったことは、本質的に価値評価することであり、自分の固有のパースペクティヴから世界を秩序づけ、外界を自分の価値評価に合わせて裁断することである(価値評価と事実認識の区別があるにしても、それはこの広い意味ての価値評価側の内部での下位分類にすぎない) 。
各々のパースペクティヴは、それぞれ自分の生存条件からの世界解釈を世界に押しつけようとし、そのため他のパースペクティヴをおのれのパースペクティヴの内部におさめて位置づけ、評価しまた断罪することによって、より大きくなろうとしのぎを削りあう。
「根源的なものは、すべてを自分の内部に取り込もうとする意欲である」( ニーチェ) 。

 パースペクティヴの強さはその大ききであり、パースペクティヴ相互の闘争は、位置づけ合いの闘争である。
もちろんそれは、闘争ではなく協力関係として現れることもありうる。
相手がこちらの挑戦に応えて、こちらをどこまでも正々堂々と位置づけ続けてくれる限り、こちらは自分が何であるかを、自分自身の知らない自分自身を、相手のパースペクティヴによって教えられることができる。
相手が正々堂々と位置づけ合うことを忌避する弱者の場合、それはできない。

永井均『これがニーチェだ』講談社現代新書

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [感覚メモ]へ
  • [集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ]へ
 

~ Comment ~

1. ふっと・・・・ 

関係ないかもしれないけど。

先日お客様に
「本当に優しい人は強い人なんですよ」と言ったことをおもいだしました。

批判であれなんであれまずは受け止めることが強さであり優しさに繋がっていくんですよね。

ちょっと飛躍しすぎかな(笑)

2. Re:ふっと・・・・ 

>タロットカウンセラー 喜与実さん

こんにちわ!
コメントありがとうございます(^○^)

そうですよね、優しさって迎合じゃないから、何か支点みたいのが必要ですよね。
テコで動かす時の支点みたいな。
重いものを楽に、優しくしてあげる支点。
支点を持つには負荷に耐える強さが不可欠。


-------
 パースペクティヴの強さはその大ききであり、パースペクティヴ相互の闘争は、位置づけ合いの闘争である。
-------

闘争するのが強さじゃないと思うな~。
金遣い荒いのが金持ちじゃないのと同じで。
優しさもそれと似てる。

3. メモにぐっさり 

ほとんど
うんうんそうそう
と同意しながら読んできて
最後のところで
ぐさっ
ときました。

――相手が正々堂々と位置づけ合うことを忌避する弱者の場合、それはできない。

「位置づけあう」っていうのを「本音を出しあう」と差し替えた時、ぼくはそれを忌避して逃げてる場面がしばしばあるなあと自己嫌悪。

だから協力関係(あるいは友好関係)がつくりにくいのかな。

自分が弱者だったとはうすうす気づいていたとはいえがっかりです。

4. point of veiw 

僕はパースペクティブより
こちらの方を使います。

多分に多様な意味だと思います。
pointって動詞にもなるけど

そこはフッサールでやりましょう(何を(笑))

5. 無題 

ふと今日思った。
理解するのって自分を再確認することじゃないかって。
大海原に自分という杭をたてて
そこから相対的に考えるみたいな。
今の今まで唯一無二のやり方で生きてきた結果が今の自分なら
それに照らした理解は、その人生以上でも以下でもなく、きっと人それぞれ違うものになるんではあるまいか。
どこか彼方で客観的な演繹でもってなされたいかにも正しそうな理解の仕方は「理解の助け」として重要とは思うものの、それだけによる理解は悲しい誤謬ってやつを招くのではないかとか、つい長々くだらんことを書いてしまいましたが、理解できない悔しさについつい逃げをうった考え方ともとれるのであります。

6. Re:メモにぐっさり 

>鷹師さん

およ?

私は自分の意見を持つということは常に孤独なことではないだろうか思います。

だから、こんなこと真逆に誤解されるので滅多に書かないのですが(笑)、私は「人の意見を尊重する」という言葉が大嫌いです。

多様な意見を認めるという寛大な態度は、実は自分の意見を認めて欲しい弱者のおもねりなのではないだろうかと思うからです。

自分の一番譲れない部分というのは、それこそニーチェのいう「せ*しのこぶ」であって、それを正しいと主張するのも、尊重して欲しいと願うのも、端的に間違ってると思います。

なぜなら、宿命や運命は正しさに転化されるきとや、人から薄っぺらく尊重(薄っぺらい尊重はニーチェのいう同情と同義のはず)なんぞでは、いささかも軽減されたり救済されたりするものではないはずだから。


だから、集合知は一人の天才に勝るとか優れる(勝ち負けの問題にすり替える)とか思わず言ってしまうその時点で、すでにそれは弱者のルサンチマンの陥穽にからめとられていると私は思います。

ニーチェのいう運命愛は、多数決原理や正しさの僭称とは一切無縁だから。
集合知はその地点から一度はみて見る必要があるのじゃないか…と。

と考えますと、鷹師さんがそういう弱者であるとは、普段お書きになるものなど拝見していて、とても思えないのですが?
(。・・。)

7. Re:point of veiw 

>深川歌仙さん

なるほど。
その視点は自分の視点であると錯覚してしまうけど、往々にして実は自分がそう思い込みたい他者の視点だったりしますね。

確かに現象学の問題でしょうが、現象学で解決できるんですかね?

と、ちょっとイジワルナコメ返ししてみたりした(笑)。

8. Re:無題 

>けんたさん

う!
私も同じような考え方を持ってます。

卒業写真のあの人に叱ってもらう。
その時の敗北はなんと甘美なことだろう。

自分に叱ってもらう。
絶対だと確信していたことも違ってたんだと悔恨ではなく、卒業写真のあの人に叱ってもらえるようにそれを受け止めるにはどういう心のあり方が必要なのか、いつも考えてます。

それこそが本当の意味での成長ではないだろうか。

漠然とそう確信はしているのですが、私はまだまだ模索中といったところです。

9. Re:Re:メモにぐっさり 

>ゆっきーさん
お優しいおことば
ありがとうございます。

ついつい
どうせぼくの考えていることなんてわかってもらえないだろう
なんて臆病になっているので
たまにまっすぐな瞳で意見の交換を求められたりすると
どぎまぎして自分のカードをうまく出せないのです。

10. Re:Re:point of veiw 

>ゆっきーさん
たぶん無理でしょうねw

無理なことをやろうとしているのしょうね。

志向性って意図があるのでしょう?

だって人間て視界に入るものは
網膜に知覚しているけれど
意識するのは別の次元で
やはり志向というものがあるので
そんな意味でpointという動詞を
持ちだしてみました。

だから志向には思い入れや

思い込みや期待や希望や
思惑や勘違いや
いろいろな人の持っている
正解の反映があるので

ニーチェのニヒリズムって
実は現実志向の
正直な見解のような気がします。
ある意味生の哲学ですね。

いや、全然意地悪じゃないですよ。

大好きですこのやりとり。

いつも素敵な記事に感謝してます!

11. Re:Re:Re:メモにぐっさり 

>鷹師さん

静かなこだわりのあるステキなブログ、
(。・・。)←まっすぐな瞳で
いつも楽しく拝見しております(笑)。

12. Re:Re:Re:point of veiw 

>深川歌仙さん

おはようございます(o^—^)ノ
現象学が専門の竹田青嗣さんのニーチェ論はそんな感じになってますね。

力への意思を志向性からフロイトの欲動論に絡めてベルグソンのエランビタール(生の躍動)に連結するような立論も可能かと…。

永井哲学からどんどん遠ざかるので私はそういう思考には馴染めませんが、楽しそうな哲学になりそうですね~(笑)。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [感覚メモ]へ
  • [集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。