スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ →3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ]へ
  • [3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下)]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ

 ←知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ →3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下)
 前回の知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモの鷹師さんあてのコメントで「私は人の意見を尊重するという言葉が大嫌いです」と書いたことで昔書いたエントリーを思い出した。

 一年半ほど前の別ブログでの記事なのですが、よく言えばひとつの問題を続けて考えており、悪く言えば成長していない自分を発見し(笑)フクザツな気分でもあります。

>>九十九匹が、九十九匹の群れではなく、九十九の表情を持つstray sheep

であること、私は集合知にこれを求めたい。多様な意見の集約ではなく、多様な意見が多様性そのままであり、なおかつ同時にそれを参照できる集合でもあること。


>>野に見出された世界の孤児

と、

>>その一匹を追う途方も無い覚悟


集合知の中心で

>>自分が実は絶対的な独り者、stray sheepに他ならぬことを気がつくこと


そして最後には愛を叫ぶこと。



一年半たって、自分は成長しただろうか?




 これもメモとして再掲載しておこうかな・・・。


====引用====

「あなたがたのうちの誰かが、百匹の羊を持っていたとして、そのうちの一匹を見失ったなら、残りの九十九匹を野に残して、見失った一匹を見つけるまで探しまわらないだろうか。」  
                      新約聖書 ルカ伝第十五章


 聖書のこの一節は、博愛主義という精神の尊さを読むものに具体的に惹起せしめる。

 群からはからずも離れてしまった一匹は常に私たちの周りにいるからだ。

 人は言う。

 最後の一人が他の九十九匹と同じく楽しさを共にしないならば、九十九匹の幸せなどにどんな意味があるのだろうか。


 しかし、この言葉に触れた時に感じる、この言葉を自分と同じように読むものを聖書の背後に感じるあの淡い連帯感と幸福感は、すぐさま残りの九十九匹の不確かさによって損なわれてしまうだろう。

 たまたまその日群から離れてしまったその羊は、<常に群から離れてしまう弱い羊>なのだろうか。

 羊飼いは残された九十九匹を背後に残して、その一匹を探しに行くことが簡単にできるのだろうか。

 今日はぐれなかった羊たちは、たまたま今日はぐれなかっただけであり、本来ふとしたきっかけで、簡単に群から離れてしまう無力な、<あの>一匹と同じ存在なのではないだろうか。去る者を追えるほど残ったものたちは勁い(強い)のだろうか?群れからはぐれる弱さ以上に弱い自分を自覚してなおそれから目を背けようとしてしまう態度が九十九匹の連帯を生むのではないのか?

 九十九匹が、九十九匹の群れではなく、九十九の表情を持つstray sheepだとしたならば、羊飼いがたまたま今その迷える子羊になってしまった羊を探しに行くことは、なし崩し的に九十九匹の孤児を生み出す行為にほかならないのではないか。

 一匹の存在のために、治者である羊飼いは九十九匹の存在を蔑ろにできるのだろうか。


 福田恆存は聖書のこの一節を引いていう。

「ぼくは―――ぼく自身の性格は政治の酷薄さにたえられない。その酷薄さを是認するにもかかわらず―――いや、それを是認するがゆえにたえられないのである。」

                   福田恆存 「一匹と九十九匹と」


 九十九匹を守る行為、その政治の不可避性を十分に認識しながらも、一匹の子羊の運命に冷淡ではいられない。この福田の言葉は、政治と文学のジレンマを誠によく表したものだと思う。

 「九十九匹を救えても、残りの一匹においてその無力を暴露するならば、政治とはいったいなにものであるか―――イエスはそう反問している。(中略)
もし文学も―――いや、文学にしてなおこの失せたる一匹を無視するとしたならば、その一匹はいったいなにによって救われようか。」
                   福田恆存 「一匹と九十九匹と」





 しかしである。


 私にはこの福田の文章の中にも一つの欺瞞が感じられる。

 その一匹とは、そのかわいそうなstray sheepとは一体誰なのか。

 迷えるその一匹の子羊に文学が必要だと誰が言ったのだろう。

 あるいはその羊はそうであったのかもしれないのだけれど、群れを離れる前にその羊はわざわざそんなことは言わなかったはずだ。


 野に見出された世界の孤児

 私たちはそのstray sheepに自分自身の幻視してその怯えのために文学の必要を、弱者への配慮を想起するのではないだろうか。

一匹とは、文学とは単にその暗喩ではないだろうか。



 無論このことはそうであったとしても恥ずべきことなどではないと思う。

 ただ、一匹への共感というこの使い古された言葉が、自分自身の切実な防衛的心情からそのリアリティを獲得したものだということは忘れてはならないだろう。

 なぜなら、私たちはその原罪をあまりにたやすく忘却してしまうがゆえに、群れを離れた羊が群れを離れざるを得なかったその精神の孤独に、あまりにも鈍感になってしまうからだ。




 しかしそもそも何故彼はなぜその一匹がひっそりと群れから離れたことに気がついたのだ。

 彼が特別に優秀な羊飼いであったからなのか?

 そうでない理由は彼が一番良く知っている。

 彼はただはぐれなかったStray Sheepに他ならないからだ。

 群れをついにはぐれようとするそのかすかな気配は、彼が自分の中に封印した息遣いそのものだからだ。




 群れを離れざるを得なかったその心根は究極的にはその一匹にしかわからない。


 その一匹を追う途方も無い覚悟。

 羊飼いにはその覚悟がほんとうにあるのだろうか。

 その羊の群れを離れざるを得なかった狂気に自分の存在を投げ入れることができるのだろうか。


 もし出来る範囲でしかそれをするつもりがないのならば、それは福田の嫌う政治的な行為と何のかわりがあるだろう。

 それは単に自己の心のなかの福祉行政の予算配分行為に他ならない。



 問題ははぐれた一匹を追うかどうかではないのだ。

 はぐれた羊を目の前にしたときに、自分自身が羊飼いという特権的な地位をなげうって、二匹目のはぐれ羊になる覚悟があるかどうかということなのだ。

 そしてそれは、駆け落ちした男女のように他を寄せ付けない二人だけの愛の砦になるかもしれない。

 しかし、その砦の幻は、群れを離れざるを得なかった一人の羊を発見したときに、まさにその時初めて見出されたものなのだ。

 そうだ。

 再びその二人すらも離れ離れになることは、その始まりにおいてギリシャ悲劇のように暗示されている。

 自分が実は絶対的な独り者、stray sheepに他ならぬことを気がつくこと

 それが一匹を追うことそのものなのではないだろうか。




 福祉課に配属された行政官が防衛省の職員よりも善人であると、我々は無条件に、そう思ってはいないだろうか。

 それこそ欺瞞の嚆矢である。

 ニーチェが洞察したキリスト教の欺瞞はそこにありはしないだろうか。

 そして入信したわけでもないのに冒頭の聖書の一節に共感してしまう我々は、いつの間にか紛れもなく、いくぶんかのキリスト教徒なのである。


=======以上再掲=====
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ]へ
  • [3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下)]へ
 

~ Comment ~

1. おひさしぶりです。 

私の観点に「羊飼い」の観点はありません。

はぐれた羊はこの私だって良かったはずだ、とおののくのみです。

いや、この私がはぐれてしまったのかも…。

2. Re:おひさしぶりです。 

>のん(千葉)さん

こんにちわ!
古い記事に目を通していただきありがとうございます。

確かに福田恆存さんの時代より社会の管理手法はもっと進化して、私たちは羊飼いの存在すら意識しない中で生きてるのかも知れないですね…。
空気の中に羊飼いは見なくなってるかも。
ただ空気を読むことでかろうじてそれを捉えることができるのでしょうか…。

3. ご無沙汰です! 

いつも切れ味の良さを拝見させていただいています。
集合知からベイトソンと娘の会話を思い出しました。
「知識の量を測る」というものですが、ポンドで測るかヤードで測るか
、と言いながら実は織物のように縦糸と横糸で編み上げられたものではないかと言う話になります。現実には空間という立体の中にもうひとつの時間という糸が含まれています。その四次元的な織物のイメージが好きで時につけ思い出します。
ところでこの羊飼いの喩えはあまりにも教会的に感じてしまいますね。
異端とされているトマスによる福音書にも載っているのですが、こうあります。

一〇七「御国は百匹の羊を持つ羊飼いのようなものである。それらの中の一匹、最大の羊が迷いでた。その人は九十九匹を残しても、それを見つけるまで、一匹を捜した。彼は苦しみの果てに羊に言った。『私は九十九匹以上にお前を愛する』と」

ぼくはこの異端の方が好きなのですが・・・
幾通りにも解釈できるのでしょうが大きく二つのことを思います。
つねに集団から迷いでるのは最大の一匹だということ。神にすら疑問を持って迷いでる大胆さと理解を求める強さが彼の中にはあります。だからこそ迷うようにも感じます。そしてそれは放蕩息子の喩え友通じるものがあるようにも思いますし、もう一つは自己の存在の中核、そのエッセンスを求め続ける姿というものを感じることです。
それを単に魂とか霊とか言ってもいいのでしょうが、それを探求するには九十九匹をなげうつような覚悟を必要とする。そんな読み方もできるのではないかと・・・などとしばらくぶりにしては長々とコメしてしまいました。(・_・;)

4. 羊と人間を重ねるなんて・・。 

99匹はもし、羊飼いが一匹を探しに99匹をほっておいたら、時間の経過にもよりますが、99匹は野生になると思います。従って、99匹は食物連鎖によって、散ると思います。

5. Re:ご無沙汰です! 

集合知を織物のようだと捉えるベイトソンですか。しかも娘さんとの会話。いいお話ですね!

トマスによる福音書のお話しありがとうございます。だいぶ印象が違いますね。

夏流さんの惹かれるところ、というか惹かれ方はとてもロマン主義的な感じがとてもしました。うーん、違うかな、いい意味での実存主義的な感じか…。

刺激をありがとうございます(o^—^)ノ

また遊びに来てくださいね~

6. Re:羊と人間を重ねるなんて・・。 

>サッカニさん

なるほど、そうですね(笑)。

7. ゆっきーさん自身の、意識のチカラで・・ 

ゆっきーさん自身の、意識のチカラで・・是非!。
ブログの記事での「集合知」は、ゆっきーさんの中での集合知ですか?でしたら、・・・出来ると思います!。(^^)/

8. Re:ゆっきーさん自身の、意識のチカラで・・ 

>サッカニさん

頑張ってみるとします(笑)。

9. ストレイシープといえば 

夏目漱石さんの三四郎の美禰子を思い出します。
妖しく美しく大胆でかよわい女性でしたよね。
お子さまな三四郎はたじたじです。

ところで
人の意見を尊重する
っていうのは取扱注意のお題目ですよね。

聖書の真意ははかりかねますが
そもそも「99匹の羊」という括りは存在しているのでしょうか。

どう考えても「1匹の羊×99」であるように思えます。

羊飼い以外の他者が見れば99匹の羊の集合にしか見えないとしても
羊飼いには1匹×99の羊の集合に見えるでしょう。

そして
羊飼いと羊の関係のみならず
羊と羊の関係はあるのかないのか。

ストレイシープを探しにいく羊もいるのでしょうか。

群れから立ち去ることなく
ストレイシープになっている羊もいそうです。

ゆっきーさんの考察で
ぼくの思索もとめどもなくふくらみます。

10. 人間は・・・ 

生まれるときも双子じゃなければ、一人で生まれてくるし、死ぬときも一人ですよね。
意識もひとりひとり別々ですし、利害関係も1人が得すると、もう一人の人は損したりします。
キリスト教は、権力がそのようなまとまらない人々を画一化するための装置として利用してきましたね。
やはり一人ひとりが互いの人格を認めた上で、それぞれの意見を出し合い徹底的に議論する事ができれば少なくとも相互理解は深まるんではないでしょうか。
ちなみに私とスピード違反取締りの警官とは議論になりませんでした。(罰金とられた><)

11. Re:ストレイシープといえば 

>鷹師さん

福田恆存さんは政治と文学の文脈でこの聖書の詩句を使ってますから、可算名詞的にして99票vs少数票としたのでは?

羊内部目を向けると、集団の規律守るために異分子を排除したり、いじめたりを隣組的に自発的にやるとか連想しちゃいますね。

なかなか奥行きのある寓話だと思います。

12. Re:人間は・・・ 

>○ たかさん

おはようございます
コメントありがとうございます。

そうですね、他人の意見を尊重するという言葉が大嫌いなゆっきーですが(笑)、結果的に他人の意見を尊重できるような隣人とのお付き合いはかならずあるはずだと信じてます。

お互いは理解できないという否定神学的な相互理解でもなく、アダムスミス的な利己主義の市場的予定調和でもなく。

警察官とは…(笑)。

13. Re:Re:ゆっきーさん自身の、意識のチカラで・・ 

もっと勉強します。。
>ゆっきーさん

14. Re:Re:Re:ゆっきーさん自身の、意識のチカラで・・ 

>サッカニさん

また気楽に遊びに来てくださいね(o^—^)ノ
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [知の遠近法と集合知の関係考察のための読書メモ]へ
  • [3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下)]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。