スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ →4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その1自炊
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その1自炊]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下)

 ←集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ →4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その1自炊
 (上)の後、いくつかのメモで集合知考えてみました。私の拙い思考の断片にコメントいただきありがとうございます。今日はそれをまとめたいと思います。



 私は、集合知とは自分がまったく気がつかなかったような知見や、過去の自分はメモだけは残してみたけれどそのことの持つ意味連関にはまったく気がついていなかったなどの、現在の自己を成り立たせてもいなければ、そう信じられてもいなかったけれど、自分のものの考え方や世界認識が一変してしまうような可能性を持った知の考古学だと思います。

考古学的事実は、現在との聞に、掘り起こされるべき意味上のつながりをもたず、たとえ掘り起こされても、それは意味連関の欠けた単なるエピソード(個的事実)としてしか理解されない。いつか連関が設定され、考古学が解釈学に変わるかもしれないが、それをいま予想することはできないのだ。
           永井均『<魂>に対する態度』より



 予想できないがゆえに、それが意味連関を持った時には衝撃的な爆発力をもって、自分の持つ枠組みに刺激を与えてくれるもの=集合知。

 しかし、この集合知がひとたび「みんなで考えれば、ひとりの天才を超えられる」となってしまうと、それは自分の意見の優劣を競い合う、一匹を、一人の意見を排除する多数決原理に転落する危うさを持ってしまう。

 例えば、ハイデガーが『存在と時間』で記述したような他人志向の、「みんな」に合わせる自分を量産する原動力となり、「みんな」の規範にすら転落してしまう。

「みんな」のバカ! 無責任になる構造 (光文社新書)/光文社
このように目立たず確認しがたいことのうちで、「みんな」はおのれの本来的な独裁権をふるう。われわれは、「みんな」が楽しむとおりに楽しみに興ずる。われわれが文学や芸術を読んだり見たり判断したりするのも、「みんな」が見たり判断したりするのも、「みんな」が見たり判断したりするとおりにする。だが、われわれが「群衆」から身を退くのも、「みんな」が身を退くとおりにするのであり、われわれは、「みんな」が憤激するものに「憤激」する。「みんな」は、いかなる特定の「みんな」でみなく、例え総計としてではないにせよ、すべての人々であるのだが、そうした「みんな」が、日常性の存在様式を指定するのである。
ハイデガー『存在と時間』(仲正昌樹『みんなのバカ』の面白訳より)


 これは、永井さんの言葉を借りればこんな事態だ。

近代とは、「あたかも目覚めているかのような、最も深い、特権的な眠り」の時代ではあるまいか。それは現在の自己を成り立たせている特殊な過去を、そのようなものとしては(つまり特殊的なものとしては)決して思い出させない。それは他である可能性を遮断して、自己の普遍性を信じ込むのである。
       『<魂>に対する態度』より




 集合知は、他者に対する価値の優位を意識した時にここでいう「自己の普遍性信じ込む」規範となってしまう。そしてあたかもそれが「ひとりの天才を超えられる」かのような、弱者が強者に対抗するような武器になってしまった時、「自分がまったく気がつかなかったような知見や、過去の自分はメモだけは残してみたけれどそのことの持つ意味連関にはまったく気がついていなかったなどの、現在の自己を成り立たせてもいなければ、そう信じられてもいなかったけれど、自分のものの考え方や世界認識が一変してしまうような可能性」完全に消滅してしまうだろう。




アマチュア棋士が何十人と束になっても羽生善治には勝てないでしょうし、普通の学生を何千人集めてノーベル賞レベルの研究をしろといっても無理です。
小津安二郎の映画が、映画ファンの知恵を集めて作られることもありませんし、Wikipediaのような方法で村上春樹の小説が紡がれることもありません。
『クラウドHACKS!』より



 私たちはしかし、自分だけのかけがえのない棋譜、研究、映画、小説などに関するログ(思い出、メモ、思考の断片)をポケットの中や本棚や心の片隅に持っている。それは、日常に疲れた時、何かに行き詰まった時、新しい考えがつかめそうな予感がする時などに、予想できない衝撃力で自分の持つ枠組みに考えてもみなかったような刺激を与えてくれる。

 そしてそれは、自分のポケットや本棚や心の片隅にとどまらない。自分のポケットや本棚や心の片隅にある宝物を集合知の場所に公開し共有した時、その人は同時に他者のポケットや本棚や心の片隅の無名の宝物、価値の暴力化と大衆化から免れた知の原石を発見する。

 その時の自分のメモ、他人のノウハウ、知恵などの刺激は、羽生善治やノーベル賞研究や小津安二郎や村上春樹以上に、自分に決定的発見を与えてくれる何ものかである。




 卒業写真のあの人に叱ってもらう。その時の敗北はなんと甘美なことだろう。

 そしてその心地よい敗北感はすぐさま、「ユーレイカ!何でそれに気がつかなかったんだ!」という自分にとっての大発見をもたらすだろう。

 それこそが集合知に触れた時の感動そのものなのではないだろうか。

 ちきしょー俺様の価値観が敗北した!とかつまんないプライドがじゃまする場所にこの感覚はない。

 自己が解体するような衝撃力、そしてそんな自己の危機と裏腹のその心地よさがもたらす考古学的知見、これが集合知の持つ本来の力ではないだろうか。





(上)(下)おしまい(o^—^)ノ

予想以上に問題が大きく、終止符という完成度に至りませんでしたが、
将来の課題とします(てへ)。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その1自炊]へ
 

~ Comment ~

1. こんにちは。 

なるほど~。
後でもう一回読み直そうと思います。

2. Re:こんにちは。 

>サッカニさん

ありがとうございます(o^—^)ノ

3. ふむふむ 

考え方が凝り固まってどうしようもない時、ブログなどで公開すると目からウロコのようなことがあるかもしれませんよね。

受け止める素直さ、強さがないといけないとはおもいますが・・・・

4. Re:ふむふむ 

>タロットカウンセラー 喜与実さん

こんにちわ!
心を防御せずに虚心坦懐にネット活動するのも時にはタイヘンな時も(笑)。

でも自分が壊れるくらいのレベルで刺激を受けるチャンスでもあったり。

つくづくウェブは不思議な空間ですね(^○^)

5. 衝撃力・・・ 

「自己が解体するような衝撃力」にふとワトソンの「百匹目の猿」を思い出しました。
その数は測り知れないものがあるのでしょうが、人間の場合百人の合計よりも、百の知の考古学的系譜になるかもしれないし、百の感情の混沌としたエナジーになるかも知れないですが、ユーレイカと叫ぶ起爆剤が集合知にはあるように思います。
ただそれに気づくために自分は何を知っているべきなのかという自己へのベクトルと、それこそ迷いでる一匹の羊が九十九匹の置かれている環境を俯瞰するような精神性が必要とされるかもしれない、などと感じ入りました。

6. Re:衝撃力・・・ 

>夏流さん

こんにちわ~
コメントありがとうございます(o^—^)ノ

>>ただそれに気づくために

人事を尽くして天命を待つ
この言葉に尽きるかな~と思うんですよね。
でもその「人事」ってなんぞや?ってのが問題で…。
それが分かれば、道は半ばまで来た(半ばが見えたくらいかな?)と言えるのかも…。

まだまだ修行が必要なゆっきーです(o^—^)ノ

7. おはよ~ございます! 

答えを出すよ~な問題でもなぃのに終止符を打つやなんて
冒険しちゃいましたねッ
文章の各所に大変な苦労の後が見受けられました  
物理や運動力学の解説やないんやから


永遠のテーマ定義の方が

ゆっき~さんのプロセスに‥オレは合ってると思います

先日はあんなコメント書キコしたりして‥
ごめんなさい
。。。。(〃_ _)σ∥

8. Re:おはよ~ございます! 

>海渡♪#さん

おはようございます(o^—^)ノ

なかなか苦労しましたが、すごく充実感がありましたし、これを書きあげることで今まで見えていなかったものが100くらい見えたようで視界がくっきりしました。

3クラウド、ライフログ親和性

はここまでとし、
次回

4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する)

は雑誌グラビア感覚で、気楽にライフハックツールを書こうかと思ってます。


またよろしくお願いします!

9. ちょうど!ペタくれたヒトの中に仕事辞めたいと‥ 

>ゆっきーさん



上司ともめて悩んでる方が居て

そのヒトに送るブログ記事のヒントを見つける事が出来ました(^-^)v


オレのブログはホンの10分程度で書き上がる思い付きの‥
ナンチャッテブログみたいなもんですが

毎日通ってくれて
ありがとぉ~

オレも夏色さんとゆっき~さんの記事は欠かさず読まして貰ってますよッ


お陰で

勉強になります
~ヽ('ー`)ノ~



重ねがさね
ありがとぉねぇ~♪猤

10. Re:ちょうど!ペタくれたヒトの中に仕事辞めたいと‥ 

>海渡♪#さん

ありがとうございます。
そんな風に緩やかにどっかでつながってるな~って感覚イイですよね!
(o^—^)ノ

11. 集合知?脱構築? 

何度も読み返していると
ゆっきーさんの使われる「集合知」の定義が解らなくなってきます。

『卒業写真』のあの感覚は「集合知」と言うもののなのかなあ?

「自己が解体するような衝撃力、そしてそんな自己の危機と裏腹のその心地よさがもたらす考古学的知見、これが集合知の持つ本来の力ではないだろうか。」

この結語から
私は「集合知」の「脱構築」という懐かしい言葉を思い出します。
現在の自分自身の脱構築。
そこに発現してくるのは「この世のメモ」のような、「この私」にとってのみ現実的な知(覚)ではないのかなあ?

解らなくなったので、ゆっきーさんに言う「集合知」について 最初から読み返してみます。

12. Re:集合知?脱構築? 

>のん(千葉)さん

鋭いご指摘ありがとうございます。
うまく言えてないのですが、考古学的知見が、この「私」だけに立ち現れるとしても、その知が通俗独我論的な独りよがりのシロモノでない全体性を持つにはどうしたらよいのかを考えてました。


外部発ライフログが秘密を暴く系譜学ではなく、考古学的作用をもたらす要件として、偶然性(卒業写真)を生の偶然性のまま感知することが必要であると考えてます。

その時、卒業写真は自分の写真では意味がなく、そこに写っている「あの人」の他者性=価値化されていない全体性を無限に含む集合知的なものである。
としたいわけでした。
そこまで詰めれてません。

13. 無題 

わたしは 22 くらいから 10年あまりも(笑)ハイデガーを専門に研究してた者ですが、んで、まぁいろいろあって、その経験は自分の糧にはなったものの(最初からそのつもりだったし、これからも一人で続けていくつもり)、今はいっさいの公的機関から離れてて、哲学仲間も師匠もいない身ですが(師匠は亡くなってしまい…)、思わぬところでハイデガーのおもしろ訳を目にして、そういう本が出てるんだと勉強になりました。

セカイ系の話のときも思ったんだけど、世代の違いもあるのか、ゆっきーさんの好奇心あふれる(?)論考は、わたしにはとにかく、自発的に触れようとしない論者たちの言葉で編まれているので、新鮮でおもしろいです。言葉使い、定式化の仕方など、わたしの馴染みのものとは(まるで外国語のように)ほぼ全く違うんだけど、でも、大きく見て、ひっかかってる点(それによって好奇心をそそられてる根っこみたいな?)は共通するものがある気がしてて、そういう点でも自分にはおもしろいです。まぁたぶん、わたしはわたしに深く根づいた方法で(それは、わたしという個人がどうこうということじゃなく、わたしが或る時期に或る場所で身につけた特定のボキャブラリーで)考えていくとは思うけど(死ぬまでずっと)、こういう自分にとって新鮮なものとの接点が、もしかして、これまた時間をかけて、じわじわと影響を与えてくれるのかもしれません。

14. Re:無題 

>なんやろさん

こんばんわ(^○^)

外国語…
意味が通じていればよいのですが ^_^;)。

『存在と時間』は私がドイツ語ではじめて読んでみようとした哲学書です。まだドイツ語の方は読み終わってませんが(爆)、多分生涯かけて読み返す本だと思っています。

ゆっきーブログに興味を持っていただきありがとうございます。
最近はもっぱらこっちなので、よかったら覗いてみてください。小説実作とは違うブログで小説論書いてます。
http://ameblo.jp/sosakunotane/

15. 嗚呼… 

>ゆっきーさん

「最近はもっぱらこっち」

って!

姉さん
いつになったら
僕に、生きることの本当の意味を
教えてくれるのだろう?

16. Re:嗚呼… 

>のん(千葉)さん

あれが健太郎のラストシーンにつながるんだけどな~。
今日書いたのなんて、うっすらつながりそうでしょ?
ゝ◡╹)ノ

17. なるほど… 

>ゆっきーさん

何となくうっすらと…

それにしても春日井先生の執筆分の長回しは長かったなあ。
そして、読者(私のことですが)は何だか置いてきぼりを喰らったような…。
だって最後、皆川くん寝ちゃうんだもんなあ。

いかん、コメントが3ブログに股がって、交錯し始めた!

18. Re:なるほど… 

>のん(千葉)さん

ご不満はあるとは思いますが…( ~_~)\(^-^ )
星飛雄馬が新しい大リーグボールを投げる瞬間をお楽しみに!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [集合知礼賛の中心でstray sheepを探すメモ]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その1自炊]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。