スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下) →4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その2ライフログとしてのツイッター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下)]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その2ライフログとしてのツイッター]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その1自炊

 ←3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下) →4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その2ライフログとしてのツイッター
 7つのシリーズで完結予定(予定リンク)のゆっきー版ライフハックシリーズ、やっと半分を越えて4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する)までやってまいりました。

 さて、ライフハックのスタイルでここ数年の本命流行スタイルといえば「自炊」です(^○^)。



 みなさんは「自炊」してますか?(。・_・。)?



 ご飯のことじゃなくて(笑)、オフィスや自宅の書斎にある膨大な紙の資料、また本そのものをドキユメントスキャナでデジタル化、自分で電子書籍にしてしまうことです。もともとゲームソフトの情報を「吸」い出すことを「自吸」と言ったらしいのですが、そこから自分で作るみたいなイメージが加わってこの漢字で広まったそうです。

 ゆっきーは二年ほど前からこの「自炊」をやってまして、累計1000冊くらい自炊してます。

 昔は手当り次第面白がって自炊してたのですが、どうも個人的には小説はだんだん自炊しなくなりました。理由を今これ書くために考えてみたのですが、多分小説は情報系論文系の本と違って、自分で二次加工することが少ないからだろうな、と思います。

 逆にアウトプット=二次加工を意識したインプットには自炊は欠かせないな、と思うようになりました。



 小山氏のいう検索による「横断的読書」の文章を読んだ時、まさに私がやってるのはこれだな!と思いましたので、引用させていただきます。

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル/東洋経済新報社
 できあがった書籍PDFは、OCR(文字認識)をしておくといいでしょう。(中略)
OCRを設定しておくと、文字がテキストデータ化され、探したい情報を検索で見つけ出せるようになります。
 これは紙の書籍ではできない、画期的な機能です。
(中略)こうしてできあがった辞書は、自分だけのオリジナル。
 組み合わせ方にその人の個性と世界観が反映された、いうなれば「デジタル自分辞書」。この辞書があれば怖いものなし。 心強い味方になります。
 また良質な本をスキャンすればするほど、電子辞書としての質は高まります。
 スキャンした本を増やすことによって成長する辞書でもありますこうなると「本を読む」のではなく「本を当たる」というほうが適切でしょう。クラウド時代には、本との付き合い方も大きく変化していきます。
 本は1冊1冊が完結して読むよりも、キーワードのリンクをたどって見ていく「横断的読書」へと変化していくのではないかと思います。
(以上『クラウドHACKS!』より)



 Google検索じゃなくて、自分だけの【内部発ライフログ】の検索。

 なかなかいいものですよ(o^—^)ノ


スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下)]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その2ライフログとしてのツイッター]へ
 

~ Comment ~

1. 1000冊も! 

1000冊も自炊するのは大変です。

私はゆっきーさんが自炊し、二次加工しアウトプットされた情報をハックさせていただきます(鵜呑み)。
m(__)m

2. Re:1000冊も! 

>のん(千葉)さん

ははは
ゆっきーのハチャメチャDNA入りですので注意してくださいね。
(*v_v)

3. 無題 

僕は「自炊」をしていませんね。しかしながら、ライトノベルの登場人物の名前とかをすべて覚えるのは、なかなか大変なので、自分専用のこういった辞書があれば便利ですね。

4. Re:無題 

>よねちゃんさん

ああ~なるほどぉ
探偵小説のトリックデータベースも面白いかも?ー

5. こ 

今回は

何とか理解できました ( ´艸`)

システム担当の子が

パァ~(私・馬鹿・だれでも)使えるように

処理してくれていたんですね

感謝します



自分では・・・無理 ヾ(@^(∞)^@)ノ

6. Re:こ 

>ai.mikiさん

こんばんわ(^○^)

いえ、いつもシステムトラブルで思考が暴走しますので(笑)、再起動したら普通っぽいエッセイになりました。

ゆっきーは時々再起動が必要なんだなと思い出しました(笑)。

7. 無題 

それにしても1000冊も!
ページをばらすのが面倒くさくないですか。
pdf化するのですか。

僕の自炊方法は、デジカメで撮るという方法です。パソコンのディレクトリにバラの写真を入れて、パソコンに付属のwindows フォトビュアーで写真送りします。

8. Re:無題 

>アナちゃんさん

こんばんわ(^○^)
自炊代行業者が問題だと認識、指摘される前にやってもらった分も多いですね。

pdfにしてiPadのi文庫で見てます。

9. 驚くべき 

間口の広さ…プロですか?

10. Re:驚くべき 

>零さん

(^○^)?

11. 無題 

学術刊行物なんかでは,OCRなんて全く役に立ちません。

ちょっと,現実ばなれしてますねえ。

普通の文書でも,欧文が混じったり複雑な漢字は認識しませんし,辞書も蓄積したものがあっても,対して役にはたちませんねえ。

私はプロなんで,会社で1日に4万ページPDF化するソフトと特殊な高速ドキュメントスキャナがあるんで,これ実感です。

ちなみん,オプションを含めて200万以上のソフトですが,それでも足りなくて,私が書いた検索システムやデータベース連動システムと合わせて使って,初めて威力を発揮します。

データは貯めただけじゃ使いもんいなりませんし,不確かなデータはかえって妨げになります。

デジタルといえども,まず人間が目を通してチェックしないと,ダメです。

それを行っていないデータは,信用はできません。

ちなみに,クラウドなんて言っても,所詮はサーバなんで,データは,しっかりバックアップしておかないと,いつ消えるか分かりません。

12. Re:無題 

>花命萬請負人さん

どんなプロかは存じませんが、たかがデータ吸出しにデータに200万とは(苦笑)。

ちなみに私がOCRかけてる学術論文は、分野によっては欧文や数式なども入りますけど、論文を書く時も威力を発揮しています。

もっとも私の場合自分の思考が主役ですので、データ検索補助、データ入力補助という位置づけですね。
しかしチェックもその時に論文内容がきちんと把握できてるなら十分可能。

効果なシステムに投資するなら、別のことにお金使いましょうというのがそもそものクラウドの趣旨かも?

13. Re:Re:無題 

>ゆっきーさん

PDF化もずいぶん昔から,立派な商売なんですよ。

お客様のところで著作権を持っているものを,請け負って全部PDF化するんです。

本業は学術刊行物の編集まで請負う印刷屋ですが,印刷よりIT屋の仕事ばっかですねえ。

ですから,学会や研究所機関などが主になります。

こういったお客様では,数式のデータも間違ったら意味なくなりますから,それに間違えないのがプロです。

文献にしてもそうです。


ご自分で集めた以外のデジタルデータは,みなさんが思ったより多くのプロがかかわったデータ,案外多いんです。

特に国の機関がらみは,つまるところ税金ですし,民間にも補助金が多く出てます。

データ化には,血税が多くつぎ込まれてんです。

たとえ補助という位置づけでも,請け負った以上は,いい加減な仕事はできません。

まあ,果たしてどれだけ役に立っているのか,私も疑問ではありますが,今の出版物はデジタル化されてるんで,これからは,こういう仕事も減ってはくるでしょう。

ただ古文書関係は,まだまだこれからですねえ。

私はクラウドは便利ではありますが,別な言い方をすれば個人情報を人質にとられた状態だと思ってます。

これを認識しておかないと,あとでしっぺ返し食らう可能性大ですね。

14. Re:Re:Re:無題 

>花命萬請負人さん

ある特定の分野の(経済学とか応用化学とか)じゃなくて、データ吸出しのプロでという意味だったのですね。
いただいたコメントにかみ合っていないコメント返しになってしまい失礼いたしました。

文化財保護にも関わるミッションクリティカルな納品データですと、確かにツールを使っての作業はまだまだなんでしょうね。

勉強になりました。

再コメントありがとうございました(o^—^)ノ

15. Re:Re:Re:Re:無題 

>ゆっきーさん

これからスキャンしたデータで一番注目される分野はタイムスタンプに関するものだと思います。

デジタル署名に関する部分で,信頼できるタイムスタンプが押されていれば,特許でも裁判でも大丈夫というヤツんですが,これも日本じゃまだまだですねえ。

日本のウィキペディアでも,ほとんど書いてないないし。

個人的には,華道家でもあるんで,集めた古文書や古いデータをデジタル化しています。


PDFの欠点は,画像データにはファイル名しか検索する手段がないことです。

画像の場合は,これにキーワードを埋め込み検索できるようにしています。

文化的データは,たとえ個人で集めたものでも,せっかくですから,後世で誰かに使用できる形にしておくのも,文化にかかわる者の使命かと思います。

この部分は,まだ国宝級のものしか,ほとんど手がつけられてません。

伝統文化などにかかわる人間の多くがデジタルに対して,ちゃんとした認識をもってないのが原因です。

機会があるたびに訴えてるんですが,効き目ないですねえ。

16. Re:Re:Re:Re:Re:無題 

>花命萬請負人さん

デジタルフォレンジックですね。
日本はまだしばらくその重要性の啓蒙からでしょうね。

17. Re:Re:Re:Re:Re:Re:無題 

>ゆっきーさん

確かに,そうですねえ。

なんせ,遠隔操作の犯罪も見抜けない警察ですからねえ。

啓蒙からですねえ。

それと,おそらく,

デジタルフォレンジック,

殆どの方が意味不明な言葉かと。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [3クラウド、ライフログ親和性 その5集合知問題にゆっきーが終止符を打つ!(下)]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) その2ライフログとしてのツイッター]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。