スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 12分類は偉大な文化である →4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 14大宅壮一文庫分類思想とフーコー的視点
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 12分類は偉大な文化である]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 14大宅壮一文庫分類思想とフーコー的視点]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 13知の分類のお手本、図書館分類のルーツ

 ←4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 12分類は偉大な文化である →4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 14大宅壮一文庫分類思想とフーコー的視点
 さて、フーコーお気に入りの中国の昔の分類図は笑えるけど、あれを現代日本で参考にしてる人はいないでしょう(笑)。

 知識の分類と言いますと、何はともあれ図書館の本の並び方が無意識のうちにお手本になっているかもしれません。書店も並び方はそれぞれ個性がありますが、マンガがないけど項目名はほとんど図書館と一緒かなという感じがします。

日本十進分類法(NDC)
000 総記
001 哲学
002 歴史
003 社会科学
004 自然科学
005 技術、工学
006 産業
007 芸術、美術
008 言語
009 文学



 今の日本が文化的に連続してない切断面は1945年の敗戦時ですので、大日本帝国図書館と比較してみると…


大日本帝国図書館の図書分類
第一門神書、宗教
第二門哲学、教育
第三門文学、語学
第四門歴史、伝記、地誌、紀行
第五門政治、法律、経済、財政、社会、統計
第六門数学、理学、医学
第七門工学、兵事、美術、諸芸、産業
第八門叢書、随筆、雑書等


 最初に宗教関係がきてるのはさすがに時代ですね。しかも「宗教」の前に「神書」がきてる。

 そうするといろいろ面白い想像ができて、ソビエト社会主義共和国連邦時代には001分類にマルクスレーニン主義関連の書物が集約されてたのかもしれないですね。

 あと文学•語学が今の分類ですと最後にきてますが、三番目の地位にいます。面白いのは随筆は今と同じで最後です。そうすると、三番目にきたものは、国学系伝統文学や中国古典などでしょうか。


 比較はなかなか面白いのですが、このままだとライフハックに直接つながらないかなという気がしないでもないです。

 そこで、じゃじゃーーーん。

大宅壮一文庫の「件名索引」の大項目
01政治・その他
02経済
03農・漁業
04世界
05探険・移民
06天皇
07戦争
08右翼•左翼
09平和運動
10労働問題
11公害•災害
12犯罪・事件
13心中・自殺
14世相
15奇人・変人
16世代
17おんな
18サラリーマン
19交通機関
20趣昧・レジャー
21賭博
22スポーツ
23芸能・芸術
24マスコミ
25宗教・思想


 さすが圧巻!右翼とか奇人•変人とか、おんな(笑)とかありますね。

 この分類思想はライフハックにかなりヒントになりそうなので、次回もうちょい見てみましょう!


つづく(o^—^)ノ


スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 12分類は偉大な文化である]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 14大宅壮一文庫分類思想とフーコー的視点]へ
 

~ Comment ~

1. 無題 

こんばんは。
【日本十進分類法】なんてものがあるの知りませんでした!【大日本帝国図書館の図書分類】との比較で《語学》が《言語》で取り扱われているのが面白いと個人的には、思いました。とても面白い記事をシェアさせてもらえて嬉しく思います!

ありがとうございます♪

2. Re:無題 

>majhaさん

こんばんわ
私も三つ並べてみたのは今日が初めてなのですが、なかなか興味深いですね…。
戦前と戦後で「語学」と「言語学」に微妙なイメージのズレがあるんですかね。

諸外国の図書館の分類項目を比較して見てみるのも楽しそうですね。
(^∇^)

3. 無題 

大宅壮一文庫に、「奇想天外」のバックナンバーいくつか欠けていてショボーン?

4. Re:無題 

>貉 ムジナさん

さすが貉 ムジナさん。利用されているのですね(o^—^)ノ
それにしても、それは悲しいですね。
心ない人が持って帰っちゃったんでしょうか。
困ったものです(๑•ૅㅁ•๑)

5. 無題 

知の分類。非常に興味深いですね。
しかし、こういうのは、文系の視点から論じられることが多く、理系からひとこといっておきたい。

マスコミや一般書を書いてる人は文系なので、文系の著述物が目に触れることが多いですが、実は日本の学問は理系が中心です。理系は世界レベルですが、文系学問はほとんどお話にならないですね。

近代日本はヨーロッパに追いつくために理系、特に工学を重視し、大学も工学部を中心に作りました。たとえば、東京大学、京都大学は、一学年定員約3000人中、工学部は1000人ぐらいです。
したがって、日本の本当の知の分類は…、こんな感じです。

(総記、哲学、歴史、社会科学)
数学、物理学、化学、生物学、地球物理学、天文学
医学、薬学、農学
建築学、土木工学、物理工学、航空宇宙工学、電気工学、情報工学、機械工学、工業化学、造船学、原子力工学、金属工学、鉱山工学、材料工学、数理工学、計算機工学、衛生工学、…
産業、(芸術、美術、言語、文学)

括弧内( )は、おまけ、といった感じですね。あってもなくてもよい。
便利で快適な生活が送れるのは、工学のおかげなんですよ! 便利すぎてみんな気づいてないけど。

6. あれー? 

これをもうちょっと下世話でエロくすれば、
「2ちゃん」の分類になりますねf^_^;
さすが、大宅壮一!
何がさすがか、わかりませんがね(´~`;)

7. Re:無題 

>アナちゃんさん

というか、文系では一部分野を除いて「世界レベル」という意識を持つことがナンセンスなんじゃないかと思いますね。


8. Re:あれー? 

>のん(千葉)さん

いやあ、やっぱ「さすが」なのでしょう。
何がかはよく分からないのですが(笑)。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 12分類は偉大な文化である]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 14大宅壮一文庫分類思想とフーコー的視点]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。