スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 13知の分類のお手本、図書館分類のルーツ →4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 15歴史の中の図書分類と自分の知の体系
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 13知の分類のお手本、図書館分類のルーツ]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 15歴史の中の図書分類と自分の知の体系]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 14大宅壮一文庫分類思想とフーコー的視点

 ←4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 13知の分類のお手本、図書館分類のルーツ →4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 15歴史の中の図書分類と自分の知の体系
 大宅壮一文庫について、参照中のネタ本を引用してみます。

 出版関係者なら一度は利用するのが大宅壮一文庫だ。
 同文庫は、昭和を代表するジャーナリスト大宅壮一氏が、個人使用のためにつくっていた雑誌記事のデータベースを一般に開放した図書館である。
 明治時代からの雑誌が、約一万種類、六六万冊所蔵されている。
現在でも雑誌のバックナンバーを入荷しているので、毎年二万冊増えていくそうだ。
同文庫では、雑誌記事を「人名索引」と「件名索引」で検索できるようになっている。

 この件名検索がとてもユニークなのである。
 大宅式分類は、図書館のような「知」の分類というよりも、ジャーナリスティックな観点から整えられているので、世俗的、人間的である。
『知の分類史』中公新書ラクレ


 確かにこの大宅壮一文庫の分類図は、学問的な体系というよりはむしろ一つ前で笑ったフーコーが好きな中国の昔の分類図に似てる。

 別の本から、中国の分類図(リンク)についての解説を引用してみよう。

 この事典が「お話にでてくるもの」と「数えきれぬもの」を並列するとき、そこに露呈するのは、さまざまな物はそれ自体で秩序をそなえているわけではなく、そこにそれを分類するまなざしが必要であること、そしてそのまなざしは、文化的な背景に応じて完全に異なったものでありうることであった。
中山元『フーコー入門』ちくま新書


 知の体型は普遍的な範型があるのではなく、言葉とものの秩序は認識主体の遠近法によって様々に見えてくる。

 新しいまなざしが新しい物の秩序を開く。存在する物の秩序を認識するためには、物の認識に先だって一つの知の枠組みが必要である。フーコーはこれを、ギリシア語で「知」を意味するエピステーメーという用語で呼ぶ。この知の枠組みは哲学的な理論よりもはるかに強固であり、さまざまな学問の基盤にあって、学問そのものを可能にする条件であり、しかも学問自体には不透明な前提である。
 フーコーはこの概念によって、物が一つの秩序の中において物として認識されるためには、一つの視点に立ったまなざしが必要であり、そのまなざしは文化的、歴史的に規定されたものであることを明らかにしようとするのである。
中山元『フーコー入門』ちくま新書



 まるで大宅壮一文庫の解説のようです。


 というわけでもっといろんな分類の枠組みについて、このフーコー的視点(文化的、歴史的に規定されたものである)からみてみたいと思います。


つづく(o^—^)ノ


スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 13知の分類のお手本、図書館分類のルーツ]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 15歴史の中の図書分類と自分の知の体系]へ
 

~ Comment ~

1. はじめまして(^-^)/ 

いつも3ブログ共、楽しく拝見させていただいています。

私は出版関係者ではないので、「大宅壮一文庫」を、こちらで今、初めて知りました。
なんと、ウチのご近所にこんな素晴らしいところが!!(ノ゚ο゚)ノ

早速行きたいと思います。
ありがとうございました^^

ちなみに私は、筒井さん、乱歩さん、東野さん、万城目さん等々々を愛読しています。

これからもお体に気を付けて、その素晴らしい才能を伸ばして、頑張ってくださいね。 

2. Re:はじめまして(^-^)/ 

>FLATさん

こんにちわ
はじめまして、コメントありがとうございます(〃⌒▽⌒)ゞ
三つとも読んでいただき、感激であります!

ご近所に大宅壮一文庫があるとはうらやましいです!
私は今年初めて訪れて、自分の興味であれこれ探して楽しんでましたが、閲覧されている方の中にはいかにも出版関係の方といった雰囲気の人が多かったです。

廊下で携帯電話片手に「いや、どうしてもないんです」とか深刻に指示を仰いでいる人もいました。
きっと、編集会議で決まった特集記事のネタの仕込みかなんかで、若手の人が上司に命令されてやってきたのかもしれません(笑)。

FLATさんがお好みの作家さんと私の興味が似てそうで何だかうれしいです(o^—^)。
今後ともよろしくお願いします!

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 13知の分類のお手本、図書館分類のルーツ]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 15歴史の中の図書分類と自分の知の体系]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。