FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 15歴史の中の図書分類と自分の知の体系 →分類のためのフレームワーク資料1フロー図
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 15歴史の中の図書分類と自分の知の体系]へ
  • [分類のためのフレームワーク資料1フロー図]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 18分類は創造的な行為だ

 ←4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 15歴史の中の図書分類と自分の知の体系 →分類のためのフレームワーク資料1フロー図
 図書館をはじめとした知の分類について脱線しましたが、もうちょっと身近な分類の行為を考えてみたいと思います。

【アイデアや発想を広げる分類術】です





整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣/東洋経済新報社
 たとえば、「楽しい」の類語には、心地よい、うれしい、たまらない、気持ちがよい、満足する、上機嫌、幸せといった言葉があります。

 いわば言葉の親戚関係です。
 この親戚関係を使って発想を広げることができます。

 たとえば、「節約」というコンセプトの商品を考えるときに、節約という言葉にこだわっていては発想は広がりません。
そこで類語を探してみる。
そうすると、倹約、削減、締めつけ、緊縮、ツメに火をともすような、省エネ、省力化、うまく使う、切り詰める、浮かす、セーブするなどのさまざまな言葉が出てきます。
(『整理HACKS!』より)







 こうした類義語を膨らませる発想は、情報探索にも使えます。ただ単純にサーチ(検索)するのではなく、創造的に「発掘」する情報探索です。

 私たちはグーグルの検索窓に最初打ち込んだ言葉をきっかけに、検索結果から連想される関連語を次々と入力して検索を繰り返しますが、これは無意識のうちにこの創造的な分類を頭に中で行っていることだといえるでしょう。



 先日来日して講演した米Facebookでグローバル・クリエイティブ・ソリューション・ディレクターを務めるMark D'Arcy氏はFacebookのマーケティング活用のポイントを9つ紹介し、そのなかで次のような興味深いことを言っています。

  2つ目は「SEARCH(検索)からDISCOVERY(発見)」

 ソーシャルウェブの普及で大量の情報が流通する、いわゆるビッグデータ時代において、ユーザーが最適な意思決定を効率的に行えるように、デジタルを通じて的確なアドバイスを提供し、発見してもらうことが重要であるという。


Facebookマーケティングで押さえるべき9点とは、本社ディレクターが指南 -INTERNET Watch http://bit.ly/U0bMb8








 インターネットは単にサーチするだけでなく、発見の時代に来ているのだと言えるのかもしれません。


 つづく(o^—^)ノ
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 15歴史の中の図書分類と自分の知の体系]へ
  • [分類のためのフレームワーク資料1フロー図]へ
 

~ Comment ~

1. たしかに、 

【アイデアや発想を広げる分類術】は、興味深いですね。
アイデア、発想に限らず、企業人の実務、投資家、学問領域における発想にも役立ちそうな視点ですね。
実に面白い(amusingではなくinterestingです)。
勉強させて頂きました。
ありがとうございます。

2. Re:たしかに、 

>tortslaw709さん

おはようございます。
コメントありがとうございます(o^—^)ノ

分類って静的なイメージ(きれいに整理整頓とか)がありますけど、もっと混沌としたワクワクするダイナミックな作業かなと最近思うのです。

例えば公立図書館分類じゃなくて大宅壮一文庫分類がこの創造的分類じゃないかな~と頭を整理中です。
(^-^)

またぜひ遊びに来て下さい!

3. おはようございます。 

あることを検索していて、
思いつくもので次々に絞り込んでいくと
自分のブログを発見して
やべーっ!
と思うことがあります。

ゆっきーさんの論旨と違うけど
m(__)m

4. Re:おはようございます。 

>のん@千葉さん

いえいえ(^-^)
情報の海で溺れそうになった時に、
最後自分に回帰するってすごいなと思います。

私もそれを理想としているのですが、大抵難破してます(爆)。
難破したあとの漂流も楽しかったりするわけですけど…。
ははは(o'ー'o)

5. 永劫回帰 

>ゆっきーさん

私もよく難破、漂泊し、漂いますが、
あれれ?
ここ、前に来たことねぇ?
俺、おんなじところをぐるぐる回ってねぇ?

その時です!
私が「永劫回帰」の霊感(インスピレーション)に貫かれるのは!

んな、わけないか!?
(´~`;)

6. Re:永劫回帰 

>のん@千葉さん

おお、そうきますか(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 15歴史の中の図書分類と自分の知の体系]へ
  • [分類のためのフレームワーク資料1フロー図]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。