スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←分類のためのフレームワーク9 足し算引き算から掛け算へ →4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 19消費者行動モデルから見たライフハック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [分類のためのフレームワーク9 足し算引き算から掛け算へ]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 19消費者行動モデルから見たライフハック]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

フレームワーク

分類のためのフレームワーク10 掛け算のフレームワークで総仕上げ

 ←分類のためのフレームワーク9 足し算引き算から掛け算へ →4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 19消費者行動モデルから見たライフハック
 それではシリーズ最後の掛け算のフレームワークに行ってみよう!おー(^o^)

 著者によれば掛け算思考とはこんな定義でした。

掛け算は、今持っているモノやサービスと「異質な」世界、業界、場所、テーマにあるものを「結合」させるプロセスです。



 経済学で昔から議論されている「イノベーション」という概念に近いでしょうか。イノベーションとは、「創造的破壊」と訳されることもありますが、掛け算フレームワークはある意味これまでやった三つのプロセス、現場分析の割り算フレームワーク、ポジティブ要素足し算フレームワーク、ネガティブ要素引き算フレームワークを「創造的破壊」することかもしれません

 この視点で一連の作業をまとめるとこうなります。


フレームワーク123による力イゼン例

□コーヒーは従来通りこだわりのサイフォン製だが、スタッフが滝れずに客に滝れてもらう。
(スタッフ人件費の低減とコーヒー体験による感動の増幅)

□コーヒーは、自分で好きな量を滝れてもらう(コーヒー一杯の原価率は低く、販売管理費がほとんどなので問題なし、客にとっての容量というベネフィットは増幅する)

□顧客の費用対効果を高めるため、別仕入れのフードをマージンを乗せずに仕入れ原価のままコーヒーのオプションにつける
(利益は増えないが、客にとってのこの店のコーヒー価値が高まる)



 さあ、これを「異質な」世界、業界、場所、テーマにあるものと「結合」させてみましょう。このカイゼンアイディアシーンはどんな新しい店で実現可能なのでしょうか?



掛け算のフレームワークによるイノベーション例

 著者は鉄道が趣味なのか、下記のような魅力的な例をあげています。具体的な喫茶店業務のオペレーションは見事123がイメージできますね。


近所には独身の男性客が多いため、店で趣味友が作れるようにする=コーヒー× 鉄道のコラボレー シヨン


◆鉄道趣味の男性は二ツチだが、結束力があるので、模型を店に置けるよう手配してみる

◆店内での言葉づかいや、掲示物をすべて鉄道ものに変えるなど徹底してみる

◆友達づくりができるサークル化を目指す=コーヒー×SNSコミュニティ

◆同じ趣昧を持つ客同士が連絡をとれるしくみを考える。掲示板、SNSなど

◆オフ会を主催し、客同士連れ立っての撮影会や小旅行を企画してみる



 鉄道に限らず、例えばゆっきーコンサルティングでは阪神ファンが集うトラキチ喫茶店なんていうのもオーナーに興味があれば提案したいと思います。

 野球観戦という店外イベントとの連動や、インターネットでの選手データ参照、試合結果速報、SNS的交流は店内のパソコンでやればそのままリアルな交流になります。アメリカでのスポーツ観戦の定番スポーツバーは日本にもありますが、新規参入でも、立地(甲子園球場への交通手段のルートにこの喫茶店が位置してればサイコー)やオーナーの人脈次第(もと甲子園球児とか)で固定客をしっかり捕まえることができると思います。

楽しそうだな~(^∇^)





 さていかがだったでしょうか?(^o^)

 以上四則演算フレームワークをみてきました。


 四則演算フレームワークという名前はついてませんが、最近読んだこんな本はこんなことを重要視していました。

なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編/日本経済新聞出版社
● 他業界の同一構造を確認する
● 業界が敬遠するターゲットとは
● ハードからサービスへの移行(顧客価値の再定義)
● サービス削減による差別化(顧客価値の再定義)
● 顧客の再定義
● コストの固定費から変動費化
● バリューチェーンのバンドリング(垂直統合)
● バリューチェーンのアンバンドリング(分割)
● 他社の重要資源の汎用化





 よく見ると、今回の流れとそっくりです。

 そういう意味で今回は四則演算フレームワークを、顧客価値の再定義(コーヒーを飲むことから喫茶店に集うことへ再定義かな?)に落とし込んだ(もしくはその逆)ということになるのかもしれません。



 では、ゆっきーコンサルティング、またのご用命をお待ちしております!
('-^*)/
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [分類のためのフレームワーク9 足し算引き算から掛け算へ]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 19消費者行動モデルから見たライフハック]へ
 

~ Comment ~

1. 最高です! 

某大学経営学部教授のリーダー研修よりわかりやすいし、実践的です。

是非、弊社のリーダー研修、および弊社事業戦略のコンサルを(株)ゆっきーコンサルティングにお願いいたします。

かけ算が難しいな。
どの企業も今、ここに頭を悩まされているのではないでしょうか。

2. Re:最高です! 

>のん@千葉さん

ははは(^o^)
寝てる人はいなかったかな~(爆)。

掛け算は難しいですよね。

あと、喫茶店の話ならまだいいのですが、そこそこの規模の会社だと、アイディア思い付いても現場のオペレーションや事業戦略まで変わっちゃうと思うので、最終失敗したら誰のせいかとか含めて(笑)なかなか実行は難しいのではと思いました。

のんさんが会社でご苦労されてきたところかなとご推察いたします。
(u_u)

3. 実は… 

>ゆっきーさん

私は数年前、営業課長、兼事業戦略部課長をして、
会社の中期経営計画を策定したことがありました。
平日は営業。土日は資料の解読・分析、そしてパワポとの戦いでした。

戦略を策定して、ミッションステートメントとしてブレイクダウンしても、末端までは伝わらないことを
つくづく実感しました。
一人ひとりと面談までしましたが
エンジンは回転しませんでした。
受注産業=御用聞き産業を打開できなかった、苦い思い出があります。

最近になってようやく回転してきたかな。
そんな時、私がドロップアウトです。
皮肉なものですね。

4. Re:実は… 

>のん@千葉さん

読書感想文の延長で好き勝手なことを書いてますが、もちろん第一線で活躍され、ご苦労されている方のことは想像でしかわかりません、という世間を知らない人間のエクスキューズの意味で先ほどのコメント返しをさせていただきました。

しかしかえって立ち入った領域に入ってしまったようで、自分の短慮に思い至りました。
そのことに気づかせていただき、ありがとうございます。

反省(v_v)





5. いえいえ 

>ゆっきーさん

ゆっきーさんの論考は現実的で示唆に富んでいます。
私は某大学院の教授についてマンツーマンで学びましたが、リアリティーが感じられませんでした。
ゆっきーさんについて学んでいたら、最も実践的な戦略が描けていたかと思います(笑)

今後とも引き続きこの調子で、ご教授ください。

6. Re:いえいえ 

>のん@千葉さん

ううう(~_~;)

7. トラキチ(笑) 

うちの近所にトラキチの集う居酒屋あるよ(^^)

経営者が元選手だと聞いたことがあります。

そういえば寿司屋もあったな~

さすが地元でしょ(笑)

8. Re:トラキチ(笑) 

>タロットカウンセラー 喜与実さん

あっはっは(^o^)
やっぱり関西は定番にありますよね~。

実は私の住んでる近所にもあります。
居酒屋さんじゃなくてラウンジみたいな感じのです。
タイガースの写真と一緒に地元少年野球の写真がいっぱい貼ってあるので、父兄とかもお客さんになってくれてるかも?

観察すると街はオモシロイ( ^ω^ )
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [分類のためのフレームワーク9 足し算引き算から掛け算へ]へ
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 19消費者行動モデルから見たライフハック]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。