スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 19消費者行動モデルから見たライフハック →5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 19消費者行動モデルから見たライフハック]へ
  • [5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 20様々な消費行動モデル

 ←4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 19消費者行動モデルから見たライフハック →5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活
 AIDMAが有名な消費行動モデルですが、他にも幾つかあるのでざっと見てみましょう(^.^)。


AlDMAモデル
日本でもっともよく知られた消費者購買行動モデル。
 ローランド・ホールが提唱したもので消費者の購買行動を①まず製品やサービスに対して注意をはらうようになる「認知段階」②次に興味や関心を抱き、欲求し、記憶する「感情段階」③最終的に購買行動を起こす「行動段階」の3段階のプロセスに分け、細分化して認知-興味-欲求-記憶-購買という5つのステップを踏むとしたものです


AlDAモデル
消費者の心理的プロセスについて、最初にモデル化されたといわれるのが、この「AIDA」モデルです。
「Desire(欲求)」から「Action(行動)」にある「Memory(記憶)」をカットしたものです。



AlDCAモデル
これは「Desier( 欲求) 」「Action(行動)」の聞に「Conviction(確信)」というステップを入れたものです。
つまり、消費者は製品やサービスに対して欲求したうえで、本当にそれがよいものであると「確信」してはじめて購買行動に移ると考えるものです。



AlDASモデル
 このモデルは最後に「Satisfaction(満足)」をおきます。
消費者に商品の購入後に「本当にこの商品を購入してよかった」という満足感を与えることで、消費者を固定客に育てることができるという考え方です。


 ネット時代に注目を浴びているのがAISCEASモデルのようです。

photo:01



 ウェブ2.0時代はこのAISCEASが主流になるとも言われてました。

 図の中にも認知度の高いネットサービスが挙げられています。

果たしてどうなのでしょう。次回そのウェブ2.0ってなんだ?というところから考えてみたいと思います。


 つづく*\(^o^)/*


PS
この回でライフハック連続解明シリーズ「4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する)」を終了し、次回より「5ウェブ2.0親和性」に移ります。

また、予定していた「ポジティブシンキング」はバラバラにかなり言及しましたのでカットし、最終シリーズは予定通り「6心理学を基礎とするライフハック」になると思います

よろしくお願いします(^○^)。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 19消費者行動モデルから見たライフハック]へ
  • [5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活]へ
 

~ Comment ~

1. ポリフォニー過ぎて… 

ゆっきーさんのあまりに多声な対位法に頭がカオス状態になります。

※私はバッハのインベンションは辛うじて弾けますが、シンフォニアになると頭が指が混乱して弾けません(泣)

2. Re:ポリフォニー過ぎて… 

>のん@千葉さん

あっと、私の悪いくせが出てるかもしれません。
リニューアルを期にもう少し構成をわかりやすくして行く予定なのですが…。
(⌒-⌒; )

3. は 

「販売は

   統計学だ

     我に聞け! (`Δ´)」

寸評 不敗の王に聞け! ( ´艸`)

4. Re:は 

>ai.mikiさん

おおおーう(^O^)
確かに実績こそすべてです!

商売を始めるときは書を捨ててai.mikiさんの門を叩く所存です!
( ̄ー ̄)

5. 本当は 

ステマでやられない力が大事だねぇ。

買い物は失敗をくりかえして

消費者は強くなる。

オフィシャルには頼らない逞しさをだね。

6. ゆ 

>ゆっきーさんへ

ゆっきーが来たら

門を硬く閉じ

弓を打ち

追い払う所存です ( ´艸`)

7. Re:本当は 

>深川歌仙さん

損しない、失敗しないための「成長」というのはネットには特に必要かも知れないですね~。

即決しない「Memory」が重要なのかも?

8. Re:ゆ 

>ai.mikiさん

いぢわる
・゚・(*ノノ)・゚・
うわーん
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 19消費者行動モデルから見たライフハック]へ
  • [5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。