スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 20様々な消費行動モデル →5ウェブ2.0親和性 2蟻とキリギリス?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 20様々な消費行動モデル]へ
  • [5ウェブ2.0親和性 2蟻とキリギリス?]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活

 ←4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 20様々な消費行動モデル →5ウェブ2.0親和性 2蟻とキリギリス?
 前回最後に書きましたAISCEAS(アイシーズ)は、AIDMAに比べてずいぶん項目が増えた感じがします。

Attention(注意)
Interest(関心)
Search(検索)
Comparison(比較)
Examination(検討)
Action(購買)
Share(情報共有)



 理論的に検討しても分かりにくいので、具体例を探してみました。

 これを全部意識せずに自然とやっている購買パターンがあります。通販サイト、例えばウェブ2.0企業の代表選手アマゾンのでの書籍の購入がそうです。


Attention(注意)▷トップページのセール情報
Interest(関心)▷過去の注文履歴からのあなただけのオススメ
Search(検索)▷検索ボックスへの入力
Comparison(比較)▷「この本を買った人はこんな本も買っています」
Examination(検討)▷シッピングカートにとりあえず入れる
Action(購買)▷今買いたいものだけセレクトして決済
Share(情報共有)▷買って良かったとか金返せとか(爆)書評を書き込む



 きれいにAISCEAS(アイシーズ)になっちゃってます。さすがアマゾン。強さの秘密は最新のマーケティングモデルが創業時からあったということでしょうか。





 ここでふと楽しい(^○^)疑問が…。

 これってアマゾンの専売特許じゃなくて他でも使えるはず。ユーザーがAISCEAS(アイシーズ)パターンで情報検索する商品なら何でもいけるんだろうか…。


 ということで、アマゾンのビジネスモデルをもうちょい詳しく見てみようと思いました。

photo:01

 本の流通の関係者といえば、インターネットが登場するまでは、出版社と流通業者と書店であった。皆、店舗や倉庫や在庫といった大きな固定費を抱えるから、ある程度以上売れる本、つまり(売れ筋20%の)「恐竜の首」で収益を稼ぎ、ロングテール(死に筋80%)の損失を補うという事業モデルで長いことやってきた。
 2004年秋にロングテール論が脚光を浴ぴたのは、ネット書店がこの構造を根本から変えてしまったという問題提起があったからだ。提唱者は米ワイヤード誌編集長のクリス・アンダーソン氏。米国のリアル書店チェーンの「バーンズ・アンド・ノーブル」が持っている在庫は22万タイトル(ランキング上位22万位までに入る本)だが、アマゾン・コムは全売り上げの半分以上を13万位以降の本から上げていると発表したのである。(中略)
 リアル書店では在庫を持てない「売れない本」でも、インターネット上にリスティングする追加コストはほぼゼロだから、アマゾンは230万点もの書籍を取り扱うことができる。
 しかも「売れない本」には価格競争がないから利幅も大きい(米国では新刊書にも値引き競争がある)と良い事ずくめになる。これがロングテール現象である。
梅田望夫『ウェブ進化論』ちくま新書




 アマゾンは要するにこの死に筋80%をAttention(注意)▷Interest(関心)▷Search(検索)▷Comparison(比較)▷Examination(検討)▷Action(購買)▷Share(情報共有)AISCEAS(アイシーズ)でうまく発掘させているのではないかなと思ったのですが、どうでしょう。



 ということで、次回はこの情報検索と死に筋復活関係について考えて見たいと思います!



 つづく*\(^o^)/*
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 20様々な消費行動モデル]へ
  • [5ウェブ2.0親和性 2蟻とキリギリス?]へ
 

~ Comment ~

1. 無題 

ううん、どちらかといえば、死に筋作家になってしまっていますね。(苦笑)
インターネットの本屋さんこと「ぱぴれす」さんも、アマゾンを見習って、あの手この手で売ってもらわなければ困ります。
今や何でも取り扱っていますよね。

2. Re:無題 

>黒川文博さん

復活のマーケティングって切り口としては面白いですよね。

人間関係で言ったら「よりを戻すマーケティング」(笑)。
非モテをモテにするマーケティング。

ビジネス書にも、新規開拓に血道をあげないで、断られたお客様をデータベース化して再開拓した方が良い、なんて切り口の営業本も結構あるみたい。

それってロングテールを、商品から顧客にドメインをシフトすれば、おんなじ分析方法が使えそう。今まで切り捨ててた80%の顧客候補に活路を探すとか…。

黒川先生は…。
シニアとか子供もターゲティングするとか?
すいません、思いつきで書いちゃいました(爆)。

とにかくロングテールマーケティングは人間臭くて面白そうです
(^○^)

3. 考古学的発想の・・・ 

開示を見たような心地がします。
もの作りの川上から川下への流れが、情報となると川下にある市場の調査から需要を川上へとフィードバックする形となりました。おなじように知的遺産や学術、文学などは大量生産大量消費、あるいは売れ筋ですべてとは割り切れないところがあります。
考古学的に見るならば、それが生まれた意味は川上の市場性そのものの中にあってしかるべきで、生まれる意味を知り得なかったらその価値もあやふやです。
ここで考古学的マーケティングは川上を開拓することになるような逆転の発想が必要になるようにも感じます。
そんな読み方をしながら何か自分の中にある発想が生まれつつあります。
大学の時、書籍の値段に惜しみなく手に入れたものがいまでは住んでいる地方都市の図書館にもないものばかりとなりました。
発明を含め何かを生み出すにはその準備段階とも言うべき素材の、あるいは知識の段階が必要とされ、あるとき進化とも言うべき形や思考方法が生まれますが、それはどちらかといえば大量消費(売れ筋)とは異なる死に筋の中に見出される考古学的遺産のようにも思われます。
と勝手読みさせていただきました。
ありがとうございます。

4. どストライークッ! 

さすが、ゆっきーさん!
切り口が素晴らしい!
「死に筋復活マーケティング」って!

私がAmazonを利用するのも
私の購買行動が、まさにアンチ・マーケティング(マスにしろ、エリアにしろ)→死に筋購買だからです。
本屋に言っても置いてないことが多い(絶版も多いし)。
しかしAmazonでは全世界の死に筋、絶版と出会えるのです(ゆっきーさんに教えてもらったベートーヴェンの本とか。その後、Amazonから、マニアックな音楽書の紹介が度々来ます(笑))。
こう言うのをほんとのダイレクト・マーケティングというのかな?

逆に、超ムカつくのは、○ブン○レブンのPOSマーケティング。
私が気に入った物を発見して購買しても、その次の週にはお店から消えていることが多い(泣)
私は○ブン○レブンのターゲットとされてないようです(号)

5. Re:考古学的発想の・・・ 

>夏流さん

このブログの目指すところの鉱脈を探りながら書いてます。

ここ二年ほどで自分なりにミシェルフーコーの方法を咀嚼できるようになりつつあるかなという手応えがあるのですが、フーコーが臨床医学や狂気の歴史に向かったのと<全く同じやり方で>ビジネス書のハウツー本にこの方法を向けたいと思っています。

多分私の方法論の基礎中の基礎に育てられそうかなと、ドキドキしながら…。

ひとつ思うのは、この死に筋とは、いわゆるマイナーな存在感、価値とは違うものだろうということです。
マイナーを愛でるという、骨董収集なんかの好事家の弛緩した精神的態度とは正反対の、グレングールドがルネッサンス期前後のマイナーな対位法作曲家を発掘するような、孤独で、しかし<なおかつ!>その孤独が運命的に必要(この言葉の高貴な意味で)であるような精神的運動。

これが私の目指す「考古学的マーケティング」です。

夏流さんの感覚はこれに限らず私の問題意識の内奥の部分に突き刺さるところがあり、いつも得難い刺激をいただいています。

今後ともよろしくお願いします。

6. Re:どストライークッ! 

>のん@千葉さん

のんさんのアマゾン活用術(勝つ妖術(爆))は私と一緒みたいです~
(^.^)

セブンイレブンのPOSは書物の探索に一番真逆なベクトルだと思うなあ。
パレート最適の上澄みをさらに上澄みに蒸留する。何が蒸留されるというんだろう…。

セブンイレブンの会長と旧来型書籍ビジネスモデルの要である取次の支配的企業トーハンの会長が蜜月らしいですが、なんかやな予感がしますね(笑)。

7. 無題 

本屋さんは売れ筋の本だけを置いてある書店よりも、豊富な種類の本のおいてある書店の方がやって行ける。とよく言われています。
そのことと関係ありと見ました。

8. Re:無題 

>ライスパワーさん

こんばんわ~(^o^)
そういえば、出版不況と言われて久しいのに次から次へと書店が大型化してリニューアルオープンしてましたっけ。

あれもライスパワーさんのおっしゃることに関係してるんでしょうね。

う~む、オモシロイなあ(^o^)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [4堂々と形からはいる(ツール、スタイルを重視する) 20様々な消費行動モデル]へ
  • [5ウェブ2.0親和性 2蟻とキリギリス?]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。