スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活 →ウェブ2.0親和性 3切り捨てざるを得ない現実?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活]へ
  • [ウェブ2.0親和性 3切り捨てざるを得ない現実?]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

5ウェブ2.0親和性 2蟻とキリギリス?

 ←5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活 →ウェブ2.0親和性 3切り捨てざるを得ない現実?
 死に筋大復活のマーケティングは、先にも例にあげたアマゾンのロングテールが有名です。まず、何がロングテール=長い尻尾なのかグラフで確認してみましょう。

photo:01



 左の黄色恐竜の頭ヘッドの部分が上位売り上げのほとんどを占めてます。それは直感的にも「まあそうだろうなあ」と感じるところです。
 
 これは全体の80%のアウトプットが全体の20%の要因によって構成されているというパレートの法則という売り上げ分析以外にも発見できる興味深い現象です。

80対20の法則を覆す ロングテールの法則/東洋経済新報社
 「パレートの法則」または「80対20の法則」は、ビジネス界においては普遍的な経験則として広く知られている。

例えば、

「売上の80%は、顧客の20%が生み出す」
「売上の80%は、商品の20%が生み出す」
「売上の80%は、社員の20%が生み出す」
「トラブルの80%は、顧客の20%が生み出す」…

 パレートの法則が当てはまるのは、経済やビジネスの世界だけではない。
 実は自然界でも頻繁に見られる現象のようだ。
 そもそもパレート自身がこの法則を発見したのも、家庭菜園でエンドウ豆を育てていて、豆の80%が20%のサヤからもたらされていることに気づいたことからだとされている。ミツバチの世界でも、働きパチはよく働く20%と、普通に働く60%、あまり働かない20%きれいに分けられるそうだ。
ルの法則豆の剖%が却%のサヤからもたらされていることに気づいたことからだとされている。

「売上の80%は、顧客の20%が生み出す」この現象は、社員教育や学校教育の世界でも応用されている。
どうやらこの「80対20の法則」は、人間社会だけではなく、宇宙全体、物質世界全体を普遍的に支配する法則のようだ。
『ロングテールの法則』東洋経済新報社





 なかなかオモシロイ法則です(^o^)。

 このシリーズの主題で言いますと、この80%に注目するのがいわば「売れ筋マーケティング」で、20%に注目するのが「死に筋マーケティング」と言えましょう。


 でどうやって?

 20%の蟻さんが全体を引っ張るというのは直感的にもそうなのかもなあ、と思えるのですが、怠け者キリギリスが全体に大きく貢献するというのは?かも…。


 どうやってこのお荷物的な死に筋が全体に大貢献するのか?実際にアマゾンは「80対20の法則」の20を掘り起こすことで大成功しています。

 ではでは、次回このパレートの法則をもう少し詳しく見てみましょう!



 つづく*\(^o^)/*
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活]へ
  • [ウェブ2.0親和性 3切り捨てざるを得ない現実?]へ
 

~ Comment ~

1. ちなみに 

我々は
通称「ニッパチの法則」と読んでます。

うちの会社も売上も
20%の優良顧客が80%の売上をあげてました。
んが!
その20%の顧客の業績が落ち込み、それに伴ってうちの会社の売上も落ち込むと言う状況です。

是非、ゆっきーさんの「死に筋マーケティング」を参考にさせて頂きたいと思います。

しかしうちの会社はB to Bなので難しいかな?

2. Re:ちなみに 

>のん@千葉さん

おわ!
だからブログ活動はやめられませんね~(^o^)/*。
読書体験に実社会のご経験を積まれた方のコメントがいただけるとはなんて贅沢なお勉強なんでしょう…。

いつもありがとうございます!

B to Bでロングテール…
なかなか面白そう…。

また実社会からのコメントアドバイスお待ちしております!

3. たしかにそうですね・・・■ 



面白い法則だ・・・。

 

4. Re:たしかにそうですね・・・■ 

>はくみさん

多分そうなるだろうな、っていうのは納得できますが、どれを観察しても80%20%になっているというのは面白いですね~

5. う~ん ... 

おもしろい ...

('-^*)/ tanoshimi

6. 残酷で不条理な法則 

>ゆっきーさん

しかし、このいわゆる「ニッパチの法則」は残酷で不条理な現実を露わします。
会社の営業マンで言えば
会社の売上の80%を稼ぐのは20%の営業マンなのです。
残りの80%の営業マンはほとんど稼いでないに等しい。一人頭にすると悲惨です。

必然的に稼ぎ頭の20%の営業マンの仕事量は半端ない。連日徹夜となるわけです。
逆に80%の営業マンは定時退社。
しかし給料はみんなほぼ同じ。

私の部下の多くが、その残酷さ、と言うか不条理さに耐えられず、会社を辞めました。

7. Re:う~ん ... 

>池内 孝(秋村) kou ikeuchi (shuson)さん

こんにちわ(^.^)
いろいろそういう目でみると面白くなっちゃいますね~。

例えば、AKB48の20%って誰だとか(笑)。
確かに名前も知らない子もたくさんいるなあ。

8. Re:残酷で不条理な法則 

>のん@千葉さん

う~む~_~;
「扶養家族」なんて言い方しちゃったりもするんですよね。

AKBで前田あっちゃんが卒業しちゃったのはなぜか?
次はともちんか(笑)。

AKBにも不条理があるかもしれない(T_T)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [5ウェブ2.0親和性 1情報検索と死に筋復活]へ
  • [ウェブ2.0親和性 3切り捨てざるを得ない現実?]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。