スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【お知らせ】ライフハックシリーズ最終「心理学と脳科学に根拠を求める」 →6心理学と脳科学に根拠を求める 2アフォーダンスと「超」整理法
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【お知らせ】ライフハックシリーズ最終「心理学と脳科学に根拠を求める」]へ
  • [6心理学と脳科学に根拠を求める 2アフォーダンスと「超」整理法]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ライフハック

6心理学と脳科学に根拠を求める 1アフォーダンス?

 ←【お知らせ】ライフハックシリーズ最終「心理学と脳科学に根拠を求める」 →6心理学と脳科学に根拠を求める 2アフォーダンスと「超」整理法
 それでは、創造性を実践するライフハックシリーズ最後の「心理学と脳科学に根拠を求める」に入ります。

 まずは人間の創造性の素晴らしさ、不思議さをロボットと比較してみましょう。
(^_^)




 『ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア』の著者佐々木正悟さんは大手企業を退職したあと米国の認知心理学のドクターコースに進まれた方です。そのためか、実践的なライフハック本でありながら「心理学と脳科学の根拠」、が随所に散りばめられていて、説得力がさらにアップしているような気がします。




 佐々木さんは、OCRソフト(スキャナーとかと一緒に使う文字読み取りソフト)の笑える誤認識の話題のあと、ロボットと人間の認知力に違いをこんな風に言っています。

ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア (MYCOM新書)/毎日コミュニケーションズ
 文字に限らず、そもそも機械に何かを「認識」させるというのは、滑稽なほどうまくいかない。家庭の主婦や一人暮らしの学生が待望する「お掃除ロボット」を作り出そうとしても、一番初歩的なところからつまづいてしまう。あるものを「捨ててよい」と判断させるにはどうしたらよいのか?

『ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア』



 切り口も文章も非常に刺激的な本です(^_^)。


 上記の解決なんですが、佐々木さんは、J• J• ギブソンの「アフォーダンス」というウルトラ技を出してきます。人間とロボットの認識• 認知能力の違いの説明が非常にユニークでその後の影響力も高い考え方だそうです。

「メモというものが、世界にあるのではない。人が何かを書き留めたいと思ったとき、メモになりそうなものは、すべてメモなのだ。ワイシャツの袖口であろうと、地面だろうと」

J• J• ギブソン



 これがJ• J• ギブソンのいうロボットにはない人間の認識• 認知能力の鍵「アフォーダンス」(うまく受けとめてくれるようなもの)でした。

 ロボットには捨てようという欲求や動機がない。当然メモする時にも何をメモするかの意図的な方向性がない。これがロボットが文字通り機械的になってしまう理由であるということでしょうか。

 人間の場合、なんとなくの目標地点が思い描けて(これが人間!)、その着地する、うまく受けとめてくれるようなものが期待できるからうまくいくということかなと読みました。例えば空中ブランコの相方を信用することができれば、余計な雑念(ゴミに相当)は捨ててしまってぎこちなさはなくなる。あれと同じかも?



 実践的なライフハックにも関係が多ありのような予感!(^○^)


 ということで、次回もこの刺激的な「アフォーダンス」という言葉についてみてみたいと思います。



つづく*\(^o^)/*
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍
もくじ  3kaku_s_L.png 創作ノート
もくじ  3kaku_s_L.png 地下鉄のない街
もくじ  3kaku_s_L.png 読書感想文
もくじ  3kaku_s_L.png 経済全般の本
もくじ  3kaku_s_L.png 本日のゆっきー
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png 子どもの哲学
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png ライフハック
もくじ  3kaku_s_L.png フレームワーク
  • [【お知らせ】ライフハックシリーズ最終「心理学と脳科学に根拠を求める」]へ
  • [6心理学と脳科学に根拠を求める 2アフォーダンスと「超」整理法]へ
 

~ Comment ~

1. 困りました・・・(>_<) 

Yukkyさんのとこ見てると
他のとこ なかなか行けない。

困りものです。

2. 「アフォーダンス」 

ゆっきーさんが教えてくださった「この世のメモ」や
春日井先生の「インスタント・コーヒー」
を思い出します。
この着想に、私は救われました。

遠近法の転倒と言ったらいいのかな。

「うまく受け止めてくれるようなもの」がまさに必要とされるその瞬間に存在するということ。

「外部発ライフログ」と「内部発ライフログ」とが接触する瞬間。

空中ブランコは飛んだことないですが、飛んでさしのばした手に相手の手が触れる瞬間。

砂場で山を作って、二人で双方から、手で砂を掻いてトンネルを掘って、お互いの指先が触れた瞬間。

あれれ?
何の話でしたっけ?

これは「マーケティング」と関係ありましたっけ?

3. お掃除ロボット 

素朴な疑問なんだけど、丸い形の掃除機でフローリングの隅っこまで吸い取れるのかな?

発売当初からの疑問です(^_^;)

ちなみにあたしはまず掃除機したあとマイペットを振りかけ一休さんのごとく雑巾がけまでしてしまうので(笑)

4. Re:困りました・・・(&gt;_&lt;) 

>零さん

私も零さんのところでカーペンターズを聴きながらぼーっとしてました。
(^.^)

5. Re:「アフォーダンス」 

>のん@千葉さん

のんさんが今挙げられたイメージはブログズ(複数形)を書く時に頭に浮かんでます。

こちらこそいつも刺激をありがとうございます!

6. Re:お掃除ロボット 

>タロットカウンセラー 喜与実さん

ルンバですね(笑)。
人のうちでちらっと見たことがあるけどどうでしたかねえ。
多分最後に一休さんは必要かと(^◇^)

昔学園祭で遊びに行った日本女子大附属高校の巨大プールに、水中用ルンバが大きな深海魚のように地面を這ってました。
あれは非常に実用的だなと感動したことを覚えています(笑)。

7. affordance 

子供がやたらボタン押したいのと一緒?

8. Re:affordance 

>深川歌仙さん

あっはっは(^○^)
そうかもしれません。

WindowsよりAppleの方がボタンを押したくなるというのもそうですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [【お知らせ】ライフハックシリーズ最終「心理学と脳科学に根拠を求める」]へ
  • [6心理学と脳科学に根拠を求める 2アフォーダンスと「超」整理法]へ
にほんブログ村 ブログアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。